日立は、こうしてインド事業を2倍に増やす

インドに根づいた活動を展開

――インドの市場は日立にとって、どれほど重要なのですか。

 日立は、社会イノベーション事業に取り組む会社です。具体的には、電力、交通等、社会基盤の開発に取り組んでいます。私の所属する日立インドのソフトウェアグループの目標も、インドの社会基盤の改善に貢献する事です。

社会基盤の改善は、非常に重要です。日本も、過去、公害など、社会基盤の問題を経験しました。今、インドで、同じような問題が起きているかもしれません。社会基盤が不十分だからです。水、ゴミ処理など、インド自身も認識している問題ですが、対策は、容易ではありません。過去、日本で、起きた悲劇をインドで繰り返さないため、日本や日立が貢献出来る部分があります。

日立は、インドと共に、インドの社会基盤を開発しています。インドの未来の為です。ナレンドラ・モディ首相の注力点の一つに、スマートシティ構築がありますが、私自身も、その活動に寄与していく所存です。

――日立インドのソフトウェアグループが進める事業モデルの特徴は?

インドのお客様の課題や期待を、インドのパートナー企業群と学んでいます。インドのお客様をパートナー企業と共に訪問し、お客様の課題や、ビジネス環境を理解し、日立とパートナー企業がソリューションを提供出来る事を実証実験で証明した上で、パートナー企業と共にソリューション開発に進んでいます。

これは、従来からあるITのアウトソーシングモデルではありません。既存製品の共同での販売でもありません。日立とインドのパートナーと共に、お客様にソリューションを提供するエコシステムをインドパートナーと作っているのです。

日立に求められていること

――日本とインドのIT企業の連携は難しいとも言われます。それに対して、どう思われますか。

インドのIT企業群は、世界でITサービスの提供で成功してきました。同時に、ITサービスを越えた、新しいビジネス形態の構築を推進しているように見えます。一方、現在、日本とインドのITでの連携は、不十分だと言わざるを得ません。インドのIT産業の海外との連携の内、日本との連携は、2%以下だと言われています。
同時に、インドと日本が、異なる強みを持っている事から、両国の組合せで、新しい強みを社会に提供できると思います。

次ページインドと日本は協力し合える
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。