インドのイケてる企業家、規格外すぎる活躍

キングフィッシャーブランド成功の軌跡

Kingfisher Calender はインド人であれば誰でも知っているカレンダーだ(Kingfisherのホームページより)

キングフィッシャー(Kingfisher)は、インドにおける典型的なブランド成功事例だ。キングフィッシャーというブランドは、現代インドの象徴的ブランドと呼ぶこともできる。

インドを代表するビールだ

キングフィッシャーはインドではビールと同じ意味で使われる。インド人やインドを旅した人に「キングフィッシャーとは何か」と聞けば、最もありそうな答えはビールか航空会社のどちらかだ。

キングフィッシャーはUBグループのブランド。インド最大のビール会社であり、マーケットシェアの半分以上を占めている。同社の事業は、航空会社、クリケットチーム、インド初のカーレーシングチームまで広がっている。

UBグループは、カルナータカ州「バンガロール」に本社を置くインドの複合企業として、また誰もが思い起こす象徴的ブランドとして努力している。UBグループの年間売り上げは50億ドル以上、企業の時価総額はおよそ120億ドル。コア事業は、飲料品、航空事業、電気製品、化学品などである。

もともとは1857年創業の醸造所

ユナイテッド・ブリュワリーズ(元のグループ名)の歴史は1857年にさかのぼる。5つの小さな醸造所の合併によってUBが誕生したのは1915年のことだ。キングフィッシャーブランドが開始されたのは1980年であり、そんなに古いことではない。現在、UBグループ会長を務めるビジェイ・マリヤ氏が設立した。

次ページどのようにして急成長したのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。