インドのイケてる企業家、規格外すぎる活躍

キングフィッシャーブランド成功の軌跡

マリヤ氏は、刺激的なブランドを作りたいと思っていたが、既存ブランドには強い印象を与えるものがなかった。ある日、バンガロールの自宅で、カワセミ(Kingfisher)の書いてある古いラベル紙を発見したことが、ブランド誕生のもとになった。

キングフィッシャーブランドは、マーケティングのサクセスストーリーとして語られることが多い。実は、インドでは酒類の広告・宣伝が禁止されている。その環境下で成功したからだ。間接広告の禁止を回避するため、キングフィッシャーの経営陣は独特なブランド化の提案を考え出した。

インドのリチャード・ブランソン

キングフィッシャー航空は運行停止状態が続いている(写真:ロイター/アフロ)

マリヤ氏は、多くの人から「インドのリチャード・ブランソン」と呼ばれ、“King of good times(楽しい時の王)”というニックネームが付けられた。彼は、世界中に40を超える邸宅、250台のヴィンテージカー、特注のボーイング727、2機のコーポレートジェット、3艇のヨット、F1チームなどを所有している。インド人は、マリヤ氏のぜいたくなライフスタイルを紹介するテレビ番組や、お決まりのテレビでのインタビューを頻繁に目にする。

マリヤ氏は、インドにとって歴史的な価値があると考えられているものを、オークションで落札したことでも知られている。2004年に、ロンドンでのオークションで、ティプー・スルターンの剣を17万5000ポンドで落札し、インドに持ち帰った。ティプー・スルターンは、インド人に高く評価されているイギリス植民地時代に生きた王であり、彼の剣は歴史的な物で、イギリスによって持ち去られロンドンの博物館に保管されていた。

そうした剣をインドに持ち帰ることによって、マリヤ氏は国民的知名度を得た。2009年には、ニューヨークのオークションで9300万ルピーで落札したマハトマ・ガンディーの所有物をインドに持ち帰ったことも、インドに誇りをもたらした。

こうしたエピソードをみると、贅沢三昧の生活を送る人物、インドを愛する国士のようにみえ、まるでビジネスを二の次にしているようにみえるかもしれないが、そうではない。マリヤ氏のベースにあるのは、ビジネスだ。彼のビジネス上の洞察力を物語るのが次のエピソードだ。

次ページインドは世界最大のウイスキー市場
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。