インドのイケてる企業家、規格外すぎる活躍

キングフィッシャーブランド成功の軌跡

インドは世界最大のウイスキー市場である。ウイスキーの売り上げは、インドにおける蒸留酒売り上げの65%を占めている。マリヤ氏は、インドの酒類市場や消費主義について熟知しており、その知識を生かすために、160年の歴史を持ち、世界のスコッチウイスキーの10分の1近くを製造している世界的に有名な酒造会社ホワイト&マッケイ(Whyte & Mackay)を買収した。これにより、彼はスコットランドのウイスキー会社を買収した初めてのインド人となった。

世界的にウイスキーの売り上げが減少している中、彼はこの買収を行った。ウイスキーは、年寄り向けであって若者向けでないというのが先進国でのイメージだろう。しかし、インドは異なっており、若者がウイスキーを好んでいる。インドの全ウイスキー消費量のうち、輸入スコッチウイスキーの比率は90%を占めている。インドの若者の需要に応えるため、彼はこの買収を行ったのである。

2013年のカレンダー

キングフィッシャーブランドは、インドのファッションやメディア業界人のために“キングフィッシャーファッション賞”を設立したことにより、従来のビジネスの範囲を超えた。同賞は、インド国内の写真家、モデルやデザイナーを後押しするためのものである。「キングフィッシャー水着カレンダー」も成功した財産のひとつだ。長年にわたり、インドのファッションカレンダーの中でも最も熱心に待ち望まれるものとなった。

これ以外にも、キングフィッシャーはインドのさまざまなファッションイベントに関係している。また、主要なスポーツイベントの大手スポンサーでもある。

航空事業は運行免許剥奪

しかしマリヤ氏は、すべてにおいて簡単に成功したわけではない。とくに、航空事業は重大な課題に直面している。当初、マリヤ氏は豪華航空機としてキングフィッシャー航空を開始した。しかし、運航歴5年以上という規制を満たしていないため、独自には外国への飛行をできなかった。

規制を満たすまで待てなかったマリヤ氏は、低コスト航空会社のエア・デカンを買収し、外国への飛行の資格を得た。しかし、市場競争、高い投入原価、労働組合の反発などにより経営に失敗し、キングフィッシャー航空は2013年2月に運転免許を停止されている。

こうした失敗がありながらも、グループ全体ではキングフィッシャーのブランド力は揺らいでいない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。