経費精算めんどうな人はゲーム感覚でやるといい 「めんどくさい」はちょっとした工夫で消せる

印刷
A
A
めんどうな経費精算の「めんどくさい」を解消するコツとは(写真:CORA/PIXTA)
だれしも、仕事、家事、運動など、日常生活で「めんどくさい」と感じる場面があるのではないでしょうか。なかなかやる気が出ずに、仕事が進まない、家が片付かない、運動が続かない……など、「めんどくさい」によってだらだらしてしまう人は多いでしょう。しかし、作業療法士の菅原洋平氏は「めんどくさい」は消せると言います。
「めんどくさい」が消える脳の使い方』では、医療現場で実証された、科学的に「めんどくさい」を消すコツを紹介しています。本稿では同書より一部を抜粋し、仕事上での「めんどくさい」の対処法をご紹介します。

中断されて集中が途切れやすい人の対処

作業中に声をかけられて中断……「10 秒歩き”で集中力を鍛える」

中断されて集中が途切れやすい人は、作業が乗ってきたところで自ら区切り、席を立って10秒歩いて席に戻ることで、集中力を鍛えることができます。

やっていることを忘れてしまうのでは、と思われるかもしれませんが、心配はいりません。自ら作業を区切る場合は、一旦脳内に作業内容がストックされます。

席を立って歩くと、ストックされた情報と脳内にある情報が照合されるので、席に戻ったときには、すんなり続きの作業ができますし、違った角度からその作業を眺めてさらに質を高めることもできます。

作業を始めると、代謝率を上げるアドレナリンが上昇します。作業中に疲労してくると、ノルアドレナリンが上昇し、低下していく集中をなんとか維持しようとします。ここで声をかけられると、応答するために代謝率を上げなければならなくなり負担がかかります。

この負担は、グリア細胞の炎症反応によるもので、この炎症を抑えるために、コルチゾールというホルモンが上昇します。このコルチゾールが増えたタイミングで、私たちは「めんどくさい」と感じます。

原因は、声をかけられたこと自体ではなく、その前にノルアドレナリンが上昇した状態がつくられたことです。そこで、普段から作業を細かく区切り席を立ってみましょう。

ノルアドレナリンが上昇する場面をつくらなければ、声をかけられても「めんどくさい」と感じなくなります。

●キーワード グリア細胞

次ページ経費精算が「めんどう」という人へ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT