専業主婦の仕事は「家事育児の全て」は無茶すぎる 妻が司令塔、夫が実行部隊の夫婦から考える

✎ 1〜 ✎ 112 ✎ 113 ✎ 114 ✎ 最新
拡大
縮小
子どもが幼稚園時代にknockoutさんが作っていたお弁当。knockoutさんは日々の育児についてTwitterで発信中。教育関係の内容が多く、その発信は多くの支持を得ている(写真提供:knockoutさん)

このご夫婦は、「自分たちの家事育児分担は“昭和的な片働き” を性別逆転させただけだし、むしろ古いスタイル」と言い、妻は「夫に丸投げ」という言い方もします。

私も当初そうなのかな、と思っていたのですが、取材してマンガでまとめてみると、昭和的な家事育児分担よりはずっと大黒柱妻が家事育児にコミットしていることがわかりました。

これは、以前この連載で別の専業主夫家庭を取材したときも同じでした。そうなる理由は、女性側が出産と育休を通して、家事育児の大変さを理解していることが大きいのではと私は思っています。

もちろん、専業の場合、健康上の問題などがない限り、家事育児をメインで担当するのは当然だと思います。ただ、マンガでも描いたように、たとえ専業でも「全部」をワンオペで回すのは無理です。人間を育てるというのは、そんなに生易しい世界じゃないからです。

ママもパパも疲れすぎている

とはいえ、日本は、長時間労働や過酷労働が社会問題になる国。大黒柱側が「仕事の時間帯や多忙さや出張の多さなどで本当に現実的に難しい、疲れ切っている」場合もあります。日本はママもパパも両方本当に頑張っている、頑張りすぎている国なのです。

だから、そんな場合はせめて「時短家電の導入など家事育児を楽にするアイテムを導入する」「外注サービスを導入する」「手抜きできるところは手抜きする」を家庭として選択してほしいのです。お互いを責め合わなくて済む仕組みを家庭に合わせた形でつくってほしいのです。

なぜならそれは「家事育児メイン担当者を楽にする」ためではなく「自分たちの子を健康な心身で育児できる状態を保つため」「夫婦仲を維持するため」だからです。

というわけで、今回のつかれないヒントは……

専業主婦(夫)が家事育児を全てしないことにイライラする

「全部」は現実的に不可能。
家事育児が回らない理由を整理し、
「家庭として」解決策を考えよう。

次回は、このご家庭が力を入れている教育について、そしてこのおふたりの夫婦バランスも紹介します。

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ハラユキ イラストレーター、コミックエッセイスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はらゆき / Harayuki

雑誌、書籍、広告、Webなどの媒体で執筆しつつ、コミックエッセイの著書も出版。2017年から約2年間バルセロナに住んだことをきっかけに、海外取材もスタートさせる。著書に『女子が踊れば!』 (幻冬舎)、『王子と赤ちゃん』(講談社)、『オラ!スペイン旅ごはん』(イースト・プレス)、この連載を書籍化した『ほしいのはつかれない家族』(講談社)など。この連載のオンライン・コミュニティ「バル・ハラユキ」も主宰し「つかれない家族をつくる方法」を日々探求、発信中。ハラユキさんのHPはこちら

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT