産休期間中も社会保険料が免除されることに

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第82回)

再開のきっかけは再会

2008年5月31日、数年ぶりにバンド活動を再開しました。約3年間にわたって毎週土・日曜が勤務だったため、ほかのOB・OG仲間とスケジュールが合わず、アマチュアバンド活動からはまったくご無沙汰でした。

再開のきっかけは、大学の後輩に転職のお知らせをメールしたことです。そしたらいきなりセッションのお誘いがかかりました。しばらく練習していなかったので、リハビリが必要な状態でしたが、とりあえず参加することにしました。

その後輩とは私がNHK「地球ラジオ」の仕事を始めたときに、食堂で鉢合わせました。私より10年以上後輩ですが、私がOBになってからもよく大学に遊びに行っていたので、彼女が現役時代に一緒に演奏したこともありました。卒業後NHKに就職し、娘さんも2人いて、ピアノもまだ続けているとのことです。「いつかまたバンドをやりましょう」と言われて別れましたが、あっという間に3年が経過していました。

セッションする曲はジャズ、ロック、フォーク、オリジナルとジャンルは何でもアリ。数回の練習を重ね、いきなりコンサートをすることになりました。とはいっても子供も一緒に参加して家族でワイワイやるような親子バンドです。

会場は四谷区民センターの音楽室。近所の子どもたちが集まって歌を披露したり、われわれと一緒に楽器を演奏したりと、なかなか盛り上がりました。特に面白かったのは即興で「聖者の行進」をやったら、小学生の女の子が私のサックス演奏のまねをして、エアサックスをやり始めたときです。会場が爆笑となり、まさに世代を超えた白熱のセッションとなりました。

次ページ無理しない仕事と勉強の両立
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。