産休期間中も社会保険料が免除されることに

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第82回)

子どもは33年連続減少

さらに深刻なのは、子どもの数を3歳階級別にみると、12~14歳が351万人、9~11歳が333万人、6~8歳が319万人、3~5歳が316万人、0~2歳が314万人と年齢が下がるにつれ減っていることです。そのため今後も減少傾向は続くことが見込まれます。

また、子どもの総人口に占める割合は12.8%で、1975年から40年連続で低下し、過去最低となりました。子どもの割合は、1950年には総人口の3分の1を超えていましたが、1965年には総人口の約4分の1となりました。

その後、第2次ベビーブーム期にわずかに上昇したものの、1975年から再び低下を続け、1997年には65歳以上人口の割合15.7%を下回って15.3%となり、2014年は65歳以上が25.6%に対して12.8%まで低下してしまったのです。

産休期間中も社会保険料免除

いわゆる少子化対策の観点から、これまでも育児休業については、社会保険料(健康保険、厚生年金)の免除措置が採られていました。そして厚生年金では、保険料が免除された期間についても、将来の保険給付の額の計算に際しては、保険料拠出を行った期間と同様に扱うとされてきました。

この規定が2014年4月から産前産後休業期間中にも拡大されました。免除対象者は2014年4月30日以降に産前産後休業が終了した方です。

なお、産前産後休業とは労働基準法が定める産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間の就業制限の期間です。同じ期間が健康保険法では「出産手当金」として登場します。

こちらは週単位ではなく日単位で、産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日の期間となります。手当金の計算が日単位で、被保険者に1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する金額が支給されるからです。

次ページ介護休業期間中の免除はないことに注意
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT