「大丈夫!」受験生の親が言ってはいけないワケ 子どものやる気が上がる魔法の声かけとは?

拡大
縮小
親子間のコミュニケーションをスムーズに行うために取り入れたい声かけをご紹介します(写真:metamorworks/PIXTA)
3男1女を東大理三に導いた母は、子どもたちにどんな言葉をかけていたのでしょうか――。佐藤亮子氏の新著『子どものやる気がどんどん上がる魔法の声かけ』を一部抜粋し再構成のうえお届けします。今回は、親子間のコミュニケーションをスムーズに行うために取り入れたい声かけについて聞きました。

朝起きられないとき

×:いつまで寝ているの! 早く起きなさい!
〇:朝だよ。おはよう。そろそろ起きないと間に合わないよ

「寝る子は育つ」という言葉がありますが、子どもには睡眠が必要です。朝、親に起こされなくても起きられる子どももいますが、起こされるまでぐっすりと寝ている子どもの方が多いのではないでしょうか。

お母さんは朝食作りなどで忙しいですから、最初は優しく「起きて」と声をかけていても、なかなか起きないと最後には「いつまで寝ているの! 早く起きなさい!」と怒鳴ってしまいがちです。

でも、そのような起こされ方だと、子どもはイヤ〜な気持ちになります。1日の始まりがこれではつらいですよね。怒鳴りたい気持ちをぐっと抑え、「そろそろ起きないと間に合わないよ」と言えばいいと思います。

わが家では、電気をつけて明るくして「朝だよ。おはよう」と、明るい声で起こしていました。その声かけで起きないときには、明るい口調は変えずに、「朝ですよ、朝ですよ」と言いながら、パチパチパチと手をたたきました。それでも起きないときには、手を速く、強くたたきました。

そうすると、「パチパチがうざいなぁ」と言いながら、起きてきました(笑)。言葉だけで起こそうとすると口調がきつくなりますが、手をたたきながら起こすと感情的な口調にならなくてすみますよ。毎朝、怒鳴って起こしている方は、ぜひ、拍手で起こすことを試してみませんか。

次ページ「いつまでも親が起こしていい?」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT