勉強とは限らない、子どもの「得意」を探せ!

子どもが"化ける"瞬間を見逃すな

バランスよくこなす子か専門的能力を持つ子か、どちらが好ましいかということには、実はあまり意味がありません。人は皆それぞれ才能が違っていますし、生育環境が異なるため、一様に決めることはできません。

幼少期にある才能が開花する子もいますし、大器晩成で後々開花する人もいるでしょう。しかし、次のようなことを親御さんが意識する、しないとでは、才能の開花度合いが大きく異なるということは間違いなく言えます。

才能は通常、「得意なこと」「好きなこと」「(他者からみた)長所」にあります。それを上手にサポートしてあげると、”化ける”子が誕生します。

しかしこれがなかなかに難しいのです。人間は、人の短所を見る傾向があり、長所には目がいきにくいものです。

もちろん親として、子の生活習慣を正すことや、道徳的問題を正すことは必要です。しかし、親という立場になると、本来、そこまで口やかましく言うほどでもない雑多な事柄、短所が目につき、それをいじってしまいます。そうして勉強どころか、家族関係までもが悪化するような事態に陥りがちです。

子どもは本来、好奇心旺盛で、関心事は刻々と変わっていきます。そうした関心の連鎖の中で、親としてはそれらを否定するのではなく、応援していく姿勢が必要です。

親の思い込みや見栄によって、子どもを誘導するのではいけません。親自身が周囲の情報に振り回され、右往左往して子どもを不安がらせることなく、「子どもの人生のために適切な環境をつくる」という決意さえすれば、やがてお子さんは自らの最適な進路を自立的に選択していくはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。