アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その1)


 「時間が短い」ので、「最小限必要なこと」を絞り、どう手短に要領よく話を構成するか、また、「相手が役員で自分が平社員である」という設定をどのように理解し、どのように生かすか、が試されます。
 
 「論点の絞り込み」「構成」「説得するターゲットの認識」などの要素を考慮したうえでの「成果の定義」は、あらゆるプレゼンに共通して必要なことです。

言うまでもなく、現実のビジネスにおいて、個々の成果の定義は個別の問題です。業界によっても、会社によっても、さらに担当者個人の個性や人格によっても違うので、一概にこれということは言えませんが、1つだけ言えることは、「成果の定義は具体的であれ」ということです。

ではその「構成」の基本ですが、それは「言語的なコミュニケーション」ですから、人がモノゴトを「理解するプロセス(=ロジック)」を知っておく必要があります。大学で学んだでしょ?

高木:……いえ、学んでいません。

広瀬:「リポートの書き方」を習いませんでした? 「卒論」書いたでしょ?

あれは、「説得のプロセス、つまり理解のプロセス」を学ぶためなんですよ。せっかく時間とおカネをかけて培ったんだから、活かさないのはもったいない。では復習しましょう。

序論を間違えると、すべてが台なし

大体、「序論」「本論」「結論/結語」と言うのが基本です。この構成の中で、「引用」や「オリジナリティ」などで論文の出来を競うわけです。

「序論」がいちばん重要で、これは課題解決の「フレーム」設定に当たります。「なぜ」「何を」「どのような手順で」論じるのかを示します。
 
  プレゼンも同様に、「フレーム設定」が基礎になります。ここが間違えると、残りの部分がどんなに立派でもダメです。建造物の基礎工事と同じで、上物の外観がどれほどきれいだろうが、基礎が不十分であれば建造物としては不合格です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT