アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その1)


広瀬 一郎

■■第4回 どうすれば、プレゼン上手になれますか?

高木智彦・仮名 28歳 男性 メーカー勤務

お客さん相手に、プレゼンをする機会が多いのですが、相手が少人数の場合でも、つい緊張してしまって、うまく説明することができません。プレゼンに関するビジネス書を買って、勉強はしているのですが、スキルの向上を感じることができません。
 
 やはり、プレゼンがうまくなるには経験を積み重ねるしか方法はないのでしょうか?
 
 それとも、才能なのでしょうか? プレゼンがうまくなる秘訣、近道を教えていただけませんでしょうか?

広瀬:この問題に限らず、こういう質問にそのまま答えようとして、「方法論から入る」のは、すでに「戦略」の名に値しません。これまでに何回も言っているので、「耳にタコ」でしょうが、この連載では今後も言い続けます。「知っている」のと「わかる」のとは違うので、「わかる」まで言い続ける必要があるからです。

実は「プレゼン」の巧拙も、「方法論(How?)」からではダメです。ここが巷にあふれているマニュアル本の根本的な間違いです。最初に必要なのは「Why?」です。そもそもあなたは、「なぜ、プレゼンがうまくなりたいの?」

高木:プレゼン下手だとまずいと思いまして……。

広瀬:なぜまずいの?

高木:プレゼンが下手だと、社内での説得だとか、お得意先の説得がうまくいかなくなって、仕事がうまく進まないからです。

広瀬:そこがポイント。やっと「Why?」への最初の回答が出ました。キーは「説得」です。つまり、あなたの「うまいプレゼン」の成果の定義は「説得」ですね。

となると、必ずしも「うまいプレゼン」である必要もない。「説得」できればいいわけですから。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。