アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その1)


 「伺ったオリエン内容をよく吟味した結果から、われわれはこの問題を●●の問題だと解釈しました。『現下の市場状況』『競合状況』、また『御社の現状』から考えると、本プロジェクトの問題解決のゴールを、短期的には●●、中長期的には●●だと定義いたしました。では、これから、『なぜ、こういう成果の定義に至ったのか』『その成果を得るためのプロセスと方法論』について、ご提案させていただきます。頂戴している時間は30分なので、約25分を以下のような構成でご説明し、残りの5分をご質問にあてさせていただきます」

実は、この冒頭の説明、論文で言うと「序論」は、「結語」と相似形の構成になっていると、「説得」がより一層効果的になります。なぜなら、聞きやすいからです。

つまり、結語で、「フレームの再確認」をし、結論を述べること。後は書店に売っている「成功するプレゼンの方法」といった本を読めば、ノウハウがマニュアル化してありますので、そこから自分なりの「チェックシート」を作っておくことをおススメします。


ひろせ・いちろう
 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手掛ける。2000年に電通を退社し、スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、04年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大阪でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT