アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その1)


高木:「うまいプレゼン」と「説得的なプレゼン」に違いはあるのでしょうか?

広瀬:その差を意識しないと、「うまいプレゼン」が「流暢な語り」だと誤解する危険性大です。「巧言令色、仁鮮(すく)なし」って昔から言うでしょ。

やたらペラペラしゃべる人間にろくな人はいませんよ。逆に、訥々(とつとつ)としゃべり、決して話はうまくないけど、妙に説得力のある人もいます。

話のうまさで勝負するのは芸人です。ビジネスで求められる「話のうまさ」は別物です。これを最初に確認しておきましょう。では説得力、言い方を変えれば「コミュニケーション力」はどうして生まれるのか?

姿勢と目線を見れば、その人がわかる

コミュニケーションには、「言語によるもの」と「非言語によるもの」がありますが、さまざまな実証実験では「非言語によるもの」のほうが、重要性が高いことが明らかになっています。

非言語的な要素の主なものは、「着こなし、表情、身ぶり、声」。余談ですが、私は過去、会社の就職面接や、大学でAO試験の面談などを担当しましたが、被面談者が室内に入室して1分以内で「合否」の8割を決めていました。
 
 「室内への入り方、歩きかた、挨拶の仕方、座り方、表情、しゃべり方」で、大体どのような人生を送っているかが判断できます。

胸に手を当てて思い出してください。皆さん、初対面の方にはそうした判断をしていませんか? 私の場合、特に注意しているのは、「姿勢と目線」です。背筋がピンとして胸を張って、視線をそらさず相手に正対するかどうか。これが、プレゼンの基本ですね。

なぜ、これが判断の基準になるのか?
 
 なぜなら、ごまかせないからです。当日にとってつけたようにしようとしても無理です。絶対にボロが出ます。ですから、日頃から「姿勢と目線」に気を配ること。

大学の初回の講義のときにはいつも学生にこう言います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT