勉強の効率を下げない「息抜き法」、教えて!

まさか、クリスマスにまで試験勉強する気?

皆さんはクリスマスをどのように過ごすのでしょうか?(写真: YsPhoto / Imasia)

学生時代だけでなく、大人になっても勉強は続く。ただ、家庭や仕事を抱え多忙な社会人にとって、資格や英語などの試験勉強は大きな壁となる。この連載では開成→東大→司法試験一発合格という「試験突破のプロ」鬼頭政人・資格スクエア代表が、悩めるビジネスパーソンからの勉強相談に鋭く切り込みアドバイスする。著者への勉強相談はこちらのフォームから!

鬼頭さんの著書『頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである』(KADOKAWA/中経出版)も発売中
【勉強相談Vol.7】上手な「息抜き」の仕方がわかりません
はじめまして。商社に入社し、5年目になる会社員です。部署内に後輩も増え、プロジェクトの責任者を任されることが増えてきた今日この頃です。
仕事柄、さまざまな分野の知識が要求されるため、資格試験に限らず、業界知識を頭に叩き込むための勉強に日々追われています。ただ12月に入り、飲み会やイベントごとが増えるにつれ、バランスを取るのが困難になってきたと感じています。
勉強に停滞感があるだけならまだいい(?)のですが、いくつか誘いを断っているうちに、どうやら同僚や恋人にも愛想を尽かされかけているということに気付き、まさに「一兎も追えず」状態に陥っています……。
「息抜きも重要」とは言いますが、「二兎追う」ためのメリハリ術、息抜き法がありましたら、ぜひ教えてください。
(20代、会社員、男性)

 

「息抜きしすぎ」に陥っていませんか?

メリークリスマス! 今日はイブですね。こんな日くらいは経済媒体なんか読んでないで、ちゃんとクリスマスを楽しんでくださいね。あ、東洋経済オンラインは別ですけど(笑)。

さて、息抜きの仕方ですが、ご質問者様の「二兎を追う」、実に虫がいいですねぇ。飲み会やイベントごとにも顔を出して信頼感をつなぎつつ、あざとく勉強も進めておきたい。

気持ちはわかるのですが、経験上思うのは、この手のご質問をされる方は「息抜きしすぎ」な場合がほとんどです。どの程度飲み会などをされているのか分かりませんが、「うまく息を抜く」のと「息抜きしすぎ」は全然違うのでご注意ください。「息抜きしすぎ」は勉強時間が確保できないことはもとより、モチベーションまで下げてしまうのです。

次ページ効率を下げない息抜き法、2つのポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT