アラサーのための戦略的「人生相談」--不毛な会議ばかりで、時間が浪費されます


そうすると、結論を出す会議で言うことは、意見か助言しかないんです。意見っていうのは、当事者がやれるという事ですよ。「私はこう思っている、しかも私はその能力がある、だからやらせてくれ」ということです。

一方、「このプロジェクトで成果を出すには、明らかにこういうノウハウ・知識があったほうがいい。でも私はできません」というのが助言です。

助言と意見以外に、会議の席での発言はないんです。

1つ例を挙げましょう。2005年にプロ野球の再編問題があった。僕は2度ほど「朝まで生テレビ」に出たんですね。番組出演に当たって、まず最初に成果の定義をしなければいけない。

たとえば、文筆業やコメンテーターで飯を食っている人であれば、「言いたいことを全部言って目立つ」でいいわけですが、僕の場合は違う。

僕は成果を、「プロ野球やJリーグで裁量権のある人間が、この番組を見て、広瀬というやつにどうも話を聞いたほうがよさそうだって思わせる」と定義しました。そうすると、その3時間の間で何を言うべきか、何を言わざるべきかという戦略が見えてくる。実際それを実践したところ、千葉ロッテ・マリーンズの濱本英輔社長から声がかったわけです。

まずは、「3カ月後にこれこれをする」と成果の定義をします。そうすると、参加メンバーは、その成果に向かって合理的な貢献ができているかどうかで評価されますよね。そして、今さらではありますが、日本人によくありがちな感情的な発言や愚痴はやめましょう、と最初に言ってしまう。ルール設定とフレーム設定を先に行うんですよ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。