アラサーのための戦略的「人生相談」--不毛な会議ばかりで、時間が浪費されます


■自分の意見を、部長の意見にする

佐藤:でも、その会議ではルールを設定できる立場ではないのですが。

広瀬:だから決める人に耳打ちすればいい。たとえば、これで3時間の会議が1時間になりますよ。部長と僕で2時間飲めるじゃないですか、こうしましょうって言うんです。

佐藤:そんな簡単に変りますか?

広瀬:知りません(笑)。だってそれはその人による。

佐藤:会社文化やバックグラウンドによりますが、数年後どうしたいのか、1カ月後にはどうしたいのかっていうのがなくて、「とりあえずまずやれ」という感じになっているから、そこの先が進んでいかない……。

広瀬:日本のほとんどの人は、今までこうだったから、ということで動いている。「さあ、おまえの考えは?」って言うんだったらまだしも、それもない。要するに、誰もフレームを考えてないわけですよ。ありがちなのが、「アメリカが作ったフレームを持ってきて、10年後に絶対、日本で流行るぞ」というやり方。

でも、あるときに、フレームが目の前でなくなっちゃったわけですよ。全世界的に言うと、1989年に東西冷戦というフレームが終わり、55年体制というフレームもなくなった。それなのに、日本はその後のポスト冷戦構想におけるフレームをいまだに築けていない。われわれは、「フレームとは何か」と考えること自体を放棄してきたわけ。

佐藤さんも「ちょっとこいつうるさいな」と思われながらも、5年言い続ければ絶対にマジョリティを押さえられます。保証します。
 
 私もずっとスポーツマネジメントを専門にしてきたけれど、「オレが何か言っても何も進歩ないなあ、もうやめてしまおうか」と最近思っていたんです。でも最近、日本プロ野球機構(NPB)の人からこう言われたんです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。