アラサーのための戦略的「人生相談」--不毛な会議ばかりで、時間が浪費されます


■自分の意見を、部長の意見にする

佐藤:でも、その会議ではルールを設定できる立場ではないのですが。

広瀬:だから決める人に耳打ちすればいい。たとえば、これで3時間の会議が1時間になりますよ。部長と僕で2時間飲めるじゃないですか、こうしましょうって言うんです。

佐藤:そんな簡単に変りますか?

広瀬:知りません(笑)。だってそれはその人による。

佐藤:会社文化やバックグラウンドによりますが、数年後どうしたいのか、1カ月後にはどうしたいのかっていうのがなくて、「とりあえずまずやれ」という感じになっているから、そこの先が進んでいかない……。

広瀬:日本のほとんどの人は、今までこうだったから、ということで動いている。「さあ、おまえの考えは?」って言うんだったらまだしも、それもない。要するに、誰もフレームを考えてないわけですよ。ありがちなのが、「アメリカが作ったフレームを持ってきて、10年後に絶対、日本で流行るぞ」というやり方。

でも、あるときに、フレームが目の前でなくなっちゃったわけですよ。全世界的に言うと、1989年に東西冷戦というフレームが終わり、55年体制というフレームもなくなった。それなのに、日本はその後のポスト冷戦構想におけるフレームをいまだに築けていない。われわれは、「フレームとは何か」と考えること自体を放棄してきたわけ。

佐藤さんも「ちょっとこいつうるさいな」と思われながらも、5年言い続ければ絶対にマジョリティを押さえられます。保証します。
 
 私もずっとスポーツマネジメントを専門にしてきたけれど、「オレが何か言っても何も進歩ないなあ、もうやめてしまおうか」と最近思っていたんです。でも最近、日本プロ野球機構(NPB)の人からこう言われたんです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。