最近人気!現代的な「粒が立つご飯」上手に炊く技 理屈さえ知っていれば「自分好み」にもできる

印刷
A
A

それでは炊きはじめます。鍋をコンロに置いて、強火にかけましょう。

米の炊き方は昔から「はじめちょろちょろ中パッパ、赤子泣いてもふたとるな」と言われてきました。教科書などには「火にかけてから8分〜12分の沸騰」をすすめる記載も多いですが、それは炊飯から浸水工程を省いていたときの教え。十分に浸水させた米であれば沸点までの時間は短いほど、デンプンの溶解が少なくなり、張りのあるご飯が炊けます。

これは炊飯器で炊く場合も一緒なので、炊飯器であれば浸水させた米を「早炊きモード」で炊くと今風の張りのあるご飯になります。

強火にかけます

2〜3分で沸騰してくるので、ふたを開けて沸いていることを確認します。沸いていればふたをして、そのまま弱火で10分加熱。

ふたを開けて確認してOKです

10分経ったら、火を強火にして10秒。それから火を止め、10分蒸らします。この工程を「焼き締め」と「蒸らし」といいます。米粒の余分な水分を飛ばすとともに、付着している水分を米粒のなかまで吸収させます。「赤子泣いてもふたとるな」と言われているのはこの工程です。早くご飯が食べたいところですが、少しは我慢しましょう。

早く食べたくても、ここは我慢

実はこの工程を省いてもそれなりにおいしいご飯が食べられますが、蒸らすことでいい点がもう1つ。米粒が鍋肌から離れるのです。炊飯器メーカーが神経を使うのが実はこの部分。ご飯が鍋肌についていると食べる量が減りますし、なによりご飯がもったいないからです。

次ページ蒸らし終わったら蒸気を逃がす
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT