慶応が「IT入試」を導入する深い事情

村井純教授、「IT教育のここが足りない」

こういう動きがある中で、ついにほとんどの小学校がホームページを作るようになりました。それでコンテストの開催目的を果たしたと思えたので、開始から10回目を迎えた昨年、いったん終わりにしました。ちなみに東京がグランプリを取ったことは1度もなくて、地方都市で一生懸命、地域と一緒になって頑張っているところが優れたページを作っていました。都会は受験で忙しくて、コンテストどころではなかったようですね。慶應も1度も入賞しませんでした(笑)。

このように、10年かけて学習指導要領を作ったり、教科書を作ったりという中に、こういった「よってたかって方式」を加えていくことが重要だと思います。今、情報の科目を入試に導入する過程で模擬試験を行っていますが、従来の教科と同じような問題を出すのではなく、新しい話題を出すことを通して、教科として工夫する必要があるなと考えています。

――今後のIT教育のどんなところに可能性を感じますか?

最初にコンピュータが出てきたときは、軌道や難しい式の計算が主でした。そのうちワープロのようなものが出てきて、人に役立つ機械としてのコンピュータの登場がありました。

センサーとデータのプログラミングができるようになってくると、子どもたちは楽しくて仕方ないし、新しい夢を実現できます。そうやって、これからも日常で困っていることを、解決できるようになるのではないでしょうか。そのための教育は、子どもにとって手に入れやすくなっていますね。

昔は、目の前にあるイチゴが甘いか酸っぱいか、食べないとわかりませんでした。だけど、今は食べなくても光を当てることで、どのくらい甘いかわかってしまう。近い将来、イチゴ農家の子どもがパパのために、機器を工作して糖度がわかるおもちゃを作るということが出てくるかもしれませんね。

最近は、3Dプリンタが普及してきましたが、今後、それが進むと学校でのカップルの出来方も変わるかもしれませんね。シャツのボタンが取れてなくなってしまったら、その場で3Dプリンタでボタンを作って、それをすぐシャツに縫い付けられることをきっかけに仲良くなるとか(笑)。ますます面白い時代になると思います。

(撮影:大澤 誠)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。