日本人は自分たちのルーツを知る必要がある

日本の歴史を知らずして、グローバルな活躍はできない

第二次世界大戦のときには、欧米の政治家や外交官、戦略家などが日本を理解しようとして、『古事記』や『日本書紀』を読み込んでいたといいます。なぜなら、これらの歴史書には、日本人の精神的支柱をつくりあげた多くの神話が書かれていたからです。

「和を尊ぶのが日本人」という、ルーツを知る

そうであるにもかかわらず、終戦後の日本の学校教育では、子どもはこれら二つの歴史書に書かれている神話を学ぶ機会を奪われてしまいました。

学校で神話を教えなくなったのは、GHQがそれを禁じたからです。日本人の心のよりどころであった神道と深く結びついた神話を学ぶことが、日本の皇国史観や帝国主義につながっていたと、GHQが判断したからだとされています。

このようにして、日本人は終戦後に自分たちのルーツを知る機会を奪われてしまいました。世界のどの民族であっても、自分たちが何たるかを知るということは、その民族が固有の価値観や文化を受け継いでいくうえで強いバックボーンになります。

すでに終戦から七十年がたとうとしています。欧米と同じように、日本でも学校教育の現場で神話を教えることによって、子どもに日本人としてのアイデンティティを形成する機会を与えてもいいのではないでしょうか。

また、歴史と宗教が密接に関係しているという視点を重要視して、学校教育における日本の歴史の教え方も改めたほうがいいのではないでしょうか。

そうすることによって、日本人が「和」の民族であり、協調性を重んじてきた民族であるということが、子どものころからはっきりと理解できるようになるでしょう。
つまり、日本人が自分たちの強みや個性を自覚しながら、海外の人々に対して「日本人とはこういう民族だ」と説明がしっかりできる人間形成につながるわけです。

もっと詳しく内容をお知りになりたい方は、11月5日に発売される新刊『未来予測の超プロが教える 本質を見極める勉強法』をご覧いただければと思います。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT