肉体と精神を一体化した軽さのある遺作を

美術家・横尾忠則氏②

よこお・ただのり 美術家。1936年兵庫県西脇生まれ。ニューヨーク近代美術館、アムステルダム美術館、カルティエ現代美術財団など内外で個展を開催。毎日芸術賞、紫綬褒章、日本文化デザイン大賞など受賞多数。小説『ぶるうらんど』では泉鏡花文学賞。

自分の描いた絵が世に出たとき、どのように評価されるか、若い頃はそのことを考えていました。でも74歳になった今、そんなことは考えていません。毎日の作品が遺作となりうるのかという気持ちで描いています。見る人がどう思うかは別です。自分がその作品に対して、ちゃんと向き合えたか、ということを考えています。

頭や手先で描くのではなく、むしろ、ぶきっちょ(不器用)に描くということです。かといって、下手に描くこととは違いますよね。そしてできた絵は、軽いものがいいと思っています。

作品は軽いほうがいいというのが僕の考え。重苦しいのはダメ。巨匠といわれる人たちの晩年の作品は、みな軽い。ピカソもモネもダリもみんな軽い。軽くなって死んでいくというわけです。

いい絵というのは自由な絵

軽いというのは自由ということ。背中に羽が生えて、ふわふわ飛べるような自由さです。結局、いい絵というのは自由な絵です。自由でない絵は、社会的な通念や常識、他人の評価を気にしています。自分の意識と体が一体化していないから重苦しい絵になるのです。

僕も70歳ぐらいになるまでは、肉体と精神が乖離していました。若い頃は乖離がよかった部分もありました。そのギャップを埋めていくためにエネルギーが生じたりしましたから。ところが歳を取ると、体が思うように動かなくなります。にもかかわらず、頭だけは若く、無理をして動かそうとして、体が悲鳴を上げます。

肉体と精神を一体化するには、死に対する恐怖感を取り除けばいいと僕は考えています。体は老化し、一日一日、死に向かっています。だから精神のほうもいつ死んでもいい、という考えを持てば、両者はピタッと一体化します。体はガタガタになり、いつ死んでもいいと言っているのだから、意識もそれに合わせるのです。俺のポンコツの車をどこまで走らせるつもりなんだ、と体は言っている、その声を聞いてあげるのです。

体と意識の折り合いがつけば、長生きもできます。折り合いをつけないから、ストレスなどで体が悪くなるのです。元気で長生きしている人たちは、死んだら困ると思わずに、いつお迎えが来てもいいという発想でいるのだと思います。

作品も同じです。体と意識を一体化させて描いた作品には軽さがあり、延命します。そのような遺作を描いていきたいと思っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。