源頼朝に打倒平氏を決起させた「謎の怪僧」の正体 父・義朝のドクロを使い、懇意になったとされる

印刷
A
A
京都にある神護寺の復興に尽力した文覚とはどういう人物だったのか(写真:leicahiroba/PIXTA)
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』やフジテレビ系列のアニメ『平家物語』の放送で、源氏や平氏の歴史に注目が集まっています。平安末期の人物の中でも異彩を放っているのが源頼朝に挙兵を勧めたとされる僧、文覚(もんがく)です。いったいどんな人物だったのか。歴史学者の濱田浩一郎氏が解説します。

もともとは武士だった文覚

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』には、曲者や異彩を放つ者が数多登場してくるが、その中でも、キャラクターが濃いと感じられたのは、歌舞伎役者の市川猿之助さん演じる僧侶・文覚である。

ドラマのなかでも、うさんくさい目でたびたび見られていた文覚。彼はいったい、何者でどのような経歴を歩んだ僧侶だったのか。文覚はあの『平家物語』にも登場してくる。『平家物語』は、文覚について、源頼朝との関係に触れつつ、次のように記す。

「そもそも、源頼朝というのは、去る平治元(1159)年12月、父・源義朝の謀反によって、14歳であった永暦元(1160)年3月20日に伊豆国の蛭島に流され、以後、20余年の年月を送っていたのだ。長年、何事もなく過ごしてきたのに、なぜ今年になって、どのような思いで謀反などされたのであろうか。それというのも、高雄の文覚上人の勧めがあってのことという話がある」(『平家物語』を筆者が現代語訳)

つまり、源頼朝の挙兵に、文覚という僧侶が関与していると『平家物語』は語っているのだ。なぜ伊豆の頼朝に謀反を勧める状況におかれたのか。そして謀反を勧めたというのは、本当なのか。源平合戦の時代に現れた怪僧・文覚にまつわる数々の謎について見ていき、真相を探ってみたい。

文覚は『平家物語』によると「渡辺の遠藤左近将監茂遠(もちとお)の子で、遠藤武者盛遠(もりとお)といって、上西門院の所の衆」であったという。上西門院とは、鳥羽天皇の皇女であり、崇徳天皇、後白河天皇とは同母兄弟である。ちなみに、少年時代の頼朝は、上西門院の蔵人(宮中の事務を担当)に任命されている。

さて、話を戻すと、文覚は摂津国の渡辺党に属する遠藤氏の出身であり、上西門院に仕える武士であったのだ。しかし、19歳のときに、仏道を志す心を起こして出家したという(『平家物語』)。

次ページ出家した理由とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT