髪と頭皮をいたわる栄養、コンビニで補う!

食欲の秋、スポーツの秋、抜け毛の秋……

それでは、以下に髪と頭皮の生まれ変わりに必要な栄養素をざざっと挙げていきます。

・タンパク質
→髪も頭皮もタンパク質からできています。タンパク質量が足りないと、髪が生まれ変わる時に細くなったり、生まれ変わりを妨げてしまうかもしれません。
・亜鉛
→髪はケラチンというタンパク質の一種が主成分。ケラチンを生み出すのに、亜鉛が必要となります。また頭皮内部でメラニンを合成して黒髪を生み出す際にも必要で、不足すると白髪の原因にもなります。
・ビタミンA
→頭皮の皮膚粘膜を強化し、髪を作る土台作りに必要な栄養素。

 

「タンパク質+亜鉛+ビタミンA」。この3つが全て入っている身近な食材を、以下にリストアップします。コンビニ飯で迷ったら、参考にしてみてください。

〈みわ子流、髪と頭皮をいたわる食材&メニュー〉
・牛肉
ほかにトリプトファンも摂取できるので、ストレスの多い仕事を抱えている時にはリラックス効果も望めるでしょう。またヘム鉄も摂取できるので、女性の冷え性にも◎!
→牛丼、ビーフジャーキー、スモークタン、ハッシュドビーフ、カレー、ビーフシチュー、牛スジ(おでん)など
・レバー、モツ、ハツ
これにもやはりヘム鉄が含まれているので、髪のためだけではなく、冷え性改善にも食べておきましょう。
→レバニラ、モツ煮込み、ハツの塩麹タレ、缶詰類など
・ウナギ
ウナギからはほかにビタミンEも摂取できます。野菜をプラスしビタミンCを補給するだけで、ビタミンA、C、Eが揃います。頭皮はもちろん、皮膚全体の合成が進んで、シワ予防にもなるでしょう。
→うな重、ウナギ入りだし巻き卵、手巻き寿司、缶詰類、レトルトパウチのもの
・卵
アミノ酸のスコアが100で、タンパク質食品の中ではかなりの優等生! 髪の艶もよくするパントテン酸なども含まれます。小腹が空いた時のおやつや朝食に最適ですね。
→ゆで卵、だし巻き卵、卵入り中華炒め、親子丼、卵入りサラダ、燻製卵、燻製ウズラ卵など
・カキ(貝)
別名“海のミルク”と呼ばれるほど栄養が豊富。これから冬にかけて旬を迎えるので、コンビニでも新メニューが続々登場していますね。
→カキごはん(おにぎり)、カキのクリームパスタ、カキ入りリゾット、カキ入りお鍋セット、カキフライなど

 

以上をご参考に、なるべく野菜も一緒に摂れるメニューを選んでみてください。忙しいと、麺類やおにぎり、パンだけなど、意外と栄養が偏ってしまうものですが、これは体調だけでなく、頭皮にも悪影響になります。

最近は、皮膚科クリニックが“頭髪外来”の治療を設けるほど、働き盛りの世代の髪悩みは深刻化しているようですね。髪や頭皮に必要な栄養を補うと、症状の緩和や改善もみられるようなので、コンビニ飯を利用して身近な食材で頭皮と髪をいたわる栄養を補っておきましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。