化粧品はお肌に浸透……しません!

むしろ簡単にしみこんだら大変なことになる

悲報。「お肌の奥まで浸透」はウソだった!(写真:アフロ)

つい先日。面白い記事がフェイスブックのタイムラインに流れてきました。

【悲報】「お肌の奥まで浸透」はウソだった!! 化粧品の粒子はお肌の表面にさえも浸み込んでいないと判明
Richard Guy教授によると、一般的な化粧品に使われている粒子は、人間の髪の毛の100分の1ほどの大きさだそう。そこで、20~200ナノメートルの大きさの ポスチレンビーズに蛍光タグをつけ、肌に浸み込むかどうかを共焦点レーザー顕微鏡を用いて観察したところ、これらのビーズは角質層と呼ばれる表皮の一番外側の層にさえも浸透することはできなかったという。

 

「悲報」ってところが笑いを誘いました。いや、ほんと女性にとっては悲報のようなのです。あっちこっちから阿鼻叫喚が聞こえてきたもん、ホント。

一応結論から書いておきますが、どれだけ高い化粧品を塗ったとしても、上等の食事を定期的に食し、規則正しく睡眠を取り、適度な運動をすること以上の効果は期待できません。まずここで「ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!」としておいてください。追って説明しますから。

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

…ところでコレについては、私のメルマガを初期の頃から読んでくださっている方にとっては、「突然の悲報」でもなんでもないのよね。何度も繰り返し書いてきてるからね…。ああまたか、って気分になるでしょうけど、また書いちゃうよー。

今回のこの記事は、ナノ粒子についての話でした。

「ナノってなんナノ?」というのは時々私の周囲で聞かれるオヤジギャクですが、それはさておき。ナノについてとりあえず簡単に説明。 記事の中には「髪の毛の太さの1/100程度の粒子」と書かれておりました。コレがだいたい20~200ナノメートルの大きさだそうな。

1ナノとは、10億分の1メートル、100万分の1ミリ。まあよくわかんないけど小さいよね。次に出てくる比喩が分かりやすいかなあ。

次ページ「ナノ」を甲子園球場にあるものでたとえると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT