富士フイルム、次の標的は「育毛」市場

ミドル女性の“薄毛の悩み"に応えられるか

富士フイルムは2006年から化粧品事業に参入していた(撮影:風間仁一郎)

あの富士フイルムホールディングスが今年9月、「育毛」市場に参入する。それもターゲットは女性だ。

主力製品の写真フィルムの研究開発で培った、コラーゲン、抗酸化、ナノテクノロジーという、3つのコア技術を横展開し、富士フイルムが化粧品市場に参入したのが2006年。2007年6月からは主軸ブランド「アスタリフト」を発売し、ミドルエイジ女性をターゲットとしたエイジングケア、美白などのスキンケア化粧品を展開している。

富士フイルムが9月に投入するのは、「アスタリフト スカルプフォーカス」シリーズ。頭皮用美容液、シャンプー、コンディショナーの3つだ。価格は頭皮用美容液が5700円(税抜価格)で、シャンプーやコンディショナーが2000円(同)となっている。

女性向けスカルプケアは3倍の伸び

調査会社の富士経済によると、2013年度の国内化粧品市場約2兆3000億円のうち、シャンプーやリンスなども含めたヘアケア・ヘアメイク関連は、全体の23%で約5300億円である。そのうち、今回参入するスカルプケア市場は、180億円弱となっている。

齋藤理佐子・ブランドマーケティンググループ長は、「女性向けスカルプケア市場は04年から300%の伸長を遂げており、化粧品全カテゴリーで最も伸びている。髪でもエイジングの悩みを持つ女性が増え、肌だけでなく髪も美しくありたいという、女性の意識の高まりが起きている」と、スカルプケア市場について見通す。

次ページ強みの化学技術で差別化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT