富士フイルムが低価格コンデジに訣別宣言

ミラーレス一眼カメラにおける世界シェアを倍増へ

X-E2はレンズキットで15万円という価格設定

「低価格コンパクトデジタルカメラ市場の縮小はもはや常識。次の手をどのように打つかが課題だ」――10月18日、富士フイルムの田中弘志取締役は、デジタルカメラの新製品発表会で、このように語り、同社の戦略製品を披露した。

その戦略を一言で表すならば、高級機シフトだ。この日、富士フイルムが発表したのは高級機「Xシリーズ」3機種。1630万画素APS-Cサイズ(23.6ミリ×15.6ミリ)のCMOSセンサーを搭載したレンズ交換式のミラーレス一眼カメラ2機種(11月9日発売の「X-E2」と11月23日発売「X-A1」)、1200万画素の2/3インチのCMOSセンサーを積んだコンパクトカメラの「XQ1」(11月23日発売)だ。

高級機と普及機を投入

画像を拡大
女性をターゲットに新色のレッドが加わった「X-A1」

このうち主役は、ハイアマチュア向け高級機種の「X-E2」(レンズキットの市場想定価格は約15万円)と、普及価格帯の入門機種「X-A1」(レンズキットの市場想定価格は約7万円)だ。

「X-E2」は世界最速0.08秒でピントが合うオートフォーカス機構を搭載。従来機種であるX-E1の進化モデルだ。一方の「X-A1」はレッド、ブラウン、シルバーの鮮やかなボディカラーがウリ。女性のカメラファンをターゲットにしている。

次ページ野心的なシェア目標
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。