プロを悩ます? ソニーのデジカメ大胆戦略

フルサイズCMOSセンサーで"頂点"を目指す

35ミリフルサイズのCMOSセンサー(右端)はこんなに大きい。奥左のカメラが1インチセンサーを積んだDSC-RX100。奥右のDSC-RX1はフルサイズセンサーを積んでいる

カメラ業界に、またもや「フルサイズ旋風」が襲ってくる。

フルサイズとはCMOSセンサーのサイズのこと。35ミリフイルムと同等の大きさを持つ大型センサーだ。上の写真を見れば、通常のコンパクトデジカメで使われる1/2.3インチなどと比べ、いかに大きいかが分かるだろう。

これまで、フルサイズCMOSセンサーはプロ向けの最高級一眼レフカメラでしか使われていないものだった。写真の画質を決めるのは画素数と画素の大きさ。フルサイズセンサーは画素が大きいため、多くの光の情報を捉えることができる。しかしセンサーの製造コストが高い上、ボディー本体も大きくなってしまうという欠点があった。

ソニーはカメラやスマートフォン向けにCMOSセンサーを製造する半導体メーカーとしての顔も持つ。昨年11月、このフルサイズセンサーを使った高級コンパクトデジタルカメラ「DSC-RX1」を発売した。発売から1年以上経過しているにもかかわらず市場価格が25万円のまま値崩れせず、プロカメラマン、ハイアマチュアの間で圧倒的な人気を維持。今年7月には「モアレ」を防ぐローパスフィルターを外した「RX1R」を発売。こちらも、多くのカメラファンを虜にしている。

RX1がお手頃になったようなもの

画像を拡大
コンパクトなボディーを実現している(「画像を拡大」をクリックすると別角度からの写真を見ることができます)

その「フルサイズ」ファミリーに新しい仲間が追加される。

10月16日、ソニーはフルサイズCMOSセンサーを搭載するミラーレスカメラ「α7」「α7R」を発表。 11月15日に発売する予定だ。

画素数が2430万画素の「α7」本体の市場推定価格は15万円(標準レンズ付きでは18万円)、ローパスフィルターがなく3640万画素のセンサーを積んだ「α7R」本体の市場推定価格が22万円だ。

次ページなぜ価格を安くできたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT