プロを悩ます? ソニーのデジカメ大胆戦略

フルサイズCMOSセンサーで"頂点"を目指す

ボディには高鋼性マグネシウム合金を使用

ソニーは高シェアを誇るイメージセンサーの強みを生かし、ミラーレス一眼では首位を誇る。このミラーレス一眼という小型プラットフォームを活用して頂点の機種を出した点がミソだ。

たしかに、レンズ交換式カメラにおいて、ミラーが付いているか、付いていないかは、大きな差ではなくなっている。「もう一眼レフ、ミラーレスという呼び方ではなく、両方とも一眼カメラでいいのではないか」(石塚SVP)。

「ハイアマチュアやプロの方はほとんどソニーのカメラを買ってはくれなかった。やはりキヤノン、ニコンの2強に比べるとブランドイメージは劣り、彼らの欲求を満たせないというのは事実だった。プロ向けの対応が手薄で商品的にもやや劣っていた。だが今回はこのα7でその牙城を崩しに行く。とにかく高級一眼レフと性能は同じで軽くて小さい訳ですから、十分対抗できるのではないか」

一眼でもトップレベル目指す

そして、プロ向けマーケットでも首位を狙っていくという。「デジタル一眼市場をさらに拡大するには市場活性化させる必要がある。われわれもこの一眼の事業は本腰を入れてやります。プロ向けのサポートも開始する。製品とサポートとブランド、その全てでこれまで劣っていたので、1年や2年ですぐ変わるものではないだろうが、将来的にはデジタル一眼でもシェアもトップレベルを狙いたい」--石塚SVPはこう力を込める。

これまで長きにわたって続いたニコン、キヤノンの2強体制が揺さ振られることは間違いない。すでにニコン、キヤノンを愛用しているプロカメラマン、ハイアマチュアにとっては、切り替えるべきか頭を悩ます、気になるカメラが登場したともいえるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。