プロを悩ます? ソニーのデジカメ大胆戦略

フルサイズCMOSセンサーで"頂点"を目指す

ボディには高鋼性マグネシウム合金を使用

ソニーは高シェアを誇るイメージセンサーの強みを生かし、ミラーレス一眼では首位を誇る。このミラーレス一眼という小型プラットフォームを活用して頂点の機種を出した点がミソだ。

たしかに、レンズ交換式カメラにおいて、ミラーが付いているか、付いていないかは、大きな差ではなくなっている。「もう一眼レフ、ミラーレスという呼び方ではなく、両方とも一眼カメラでいいのではないか」(石塚SVP)。

「ハイアマチュアやプロの方はほとんどソニーのカメラを買ってはくれなかった。やはりキヤノン、ニコンの2強に比べるとブランドイメージは劣り、彼らの欲求を満たせないというのは事実だった。プロ向けの対応が手薄で商品的にもやや劣っていた。だが今回はこのα7でその牙城を崩しに行く。とにかく高級一眼レフと性能は同じで軽くて小さい訳ですから、十分対抗できるのではないか」

一眼でもトップレベル目指す

そして、プロ向けマーケットでも首位を狙っていくという。「デジタル一眼市場をさらに拡大するには市場活性化させる必要がある。われわれもこの一眼の事業は本腰を入れてやります。プロ向けのサポートも開始する。製品とサポートとブランド、その全てでこれまで劣っていたので、1年や2年ですぐ変わるものではないだろうが、将来的にはデジタル一眼でもシェアもトップレベルを狙いたい」--石塚SVPはこう力を込める。

これまで長きにわたって続いたニコン、キヤノンの2強体制が揺さ振られることは間違いない。すでにニコン、キヤノンを愛用しているプロカメラマン、ハイアマチュアにとっては、切り替えるべきか頭を悩ます、気になるカメラが登場したともいえるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT