プロを悩ます? ソニーのデジカメ大胆戦略

フルサイズCMOSセンサーで"頂点"を目指す

10月16日の発表会においてソニーは「一眼カメラでもトップレベルを目指す」と宣言した

RX1がレンズ交換式になって、しかも安くなったと考えるとわかりやすい。RX1は小型化を実現するためにボディーとレンズを一体設計。高度な生産技術を必要とするため、価格を安くすることが難しい。それに対し、レンズ交換式の場合は価格引き下げが可能だった。 

小型軽量化を実現

「フルサイズの一眼レフカメラユーザーの声を聞くと、しっかりとした画質だが、大きく重くて持ち運びが大変だという。これを何とか小型軽量化したいというのが、今回のαシリーズの開発の動機だった」

ソニー業務執行役員SVPの石塚茂樹デジタルイメージング事業本部長

ソニー業務執行役員SVPの石塚茂樹デジタルイメージング事業本部長は語る。「昨年から続けているローエンド、普及型カメラのラインナップ縮小を続け、αシリーズのような高付加価値モデルの推進に注力する」。普及型についてはスマートフォンの「XperiaZ」シリーズを売り込んでいこうというのが、ソニーの全社方針でもある。そのため、目線はてっぺん=ニコン、キヤノンを頂点とするプロ向け市場を向いている。

「イメージセンサーを社内に持ち、それを製品に埋め込んでいけるのがソニーの強み。以前は弱いと言われていたレンズのラインナップを豊富になり、一眼カメラでもニコン、キヤノンの2強に十分以上に対抗できると思っている」と力を込める。

次ページ「ミラーレス」の市場を拡張
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。