デジカメ時代に好調「チェキ」が挑む新機軸

カワイイだけじゃない、狙うは“大人の男"

新製品発表会見には佐々木希さんが登場

カメラ機能が進化したスマートフォンの普及に押され、コンパクトデジカメが市場急減に直面している。カメラ映像機器工業会によれば、今年1~6月の販売数量は前年同期からおよそ半減した。

2013年度販売は200万台へ

一方、そんなデジカメの苦戦を横目に、一度はデジタル化の流れで廃れたフィルムカメラが、異例の販売増を記録している。撮ったその場で、カードサイズの写真が出来上がる、富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」シリーズである。韓国や中国など東アジア地域で、若い女性を中心に高まった人気が、北米や欧州、オセアニア、新興国などにも広がってきている。チェキの販売台数は2009年度の49万台から右肩上がり。2012年度は約160万台を売り上げ、今年度は200万台まで伸ばす計画だ。

そんなチェキが、“新機軸”に挑む。

富士フイルムは9月20日、チェキシリーズの新製品「Instax mini90ネオクラシック」を発売する。往年のフィルムカメラの雰囲気を感じさせる外観で、これまでのチェキに比べて高機能なのが特徴である。

本格的な撮影を可能にするため、シャッター開放時間を最大10秒に手動調整する「バルブモード」や、1枚のフィルムに重ねて露光する「二重露光モード」、近距離の撮影を可能にする「接写モード」といった新機能を搭載。高性能フラッシュや三脚用のねじ穴など、本格的な撮影に対応する細かな配慮にもぬかりはない。想定販売価格は2万円前後という。

富士フイルムイメージング事業部の山元正人事業部長は、「今回は『カワイイを超える製品』をコンセプトに、これまでのチェキを超えることを目指した。若い女性だけでなく、性別、年代を問わずチェキを楽しんでもらいたい」と語る。

次ページ新しい顧客の開拓と課題
人気記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。