カシオ「Gショック」が迎えた“第2次ブーム"

97年の販売ピーク超えが目前に

タイ・バンコクの百貨店内に入っている「Gショック」の売り場。現地の若者が関心を寄せていた

1990年代後半、米国発で日本にも一大ブームを巻き起こしたカシオ計算機の腕時計「Gショック」。97年には全世界で過去最高となる約600万個の販売を記録したが、ブーム一巡後に販売は下降。出荷ベースでみると、一時は年間200万個程度まで落ち込んでいた。そのGショックが、ここへ来て再び勢いを増している。

今年度(2014年3月期)、カシオはGショックの出荷について、過去最高となる650万個を計画している。97年のピークを上回る基調だ。Gショックが誕生したのは1983年。くしくも「30周年」という節目で、新記録更新を射程に捕らえた。Gショックはどんな“復活”を遂げたのか。

そもそもGショックとは、ロレックスなどスイスの高級機械式腕時計に対し、エレクトロニクス技術をベースにした独自の世界観を追求した腕時計である。“第1次ブーム”の際は、耐衝撃性の高さやファッショナブルなデザイン、限定生産モデルで希少性を高める販売戦略などが、米国や日本を中心として、流行に敏感な若者を中心に人気を博した。97年は日本国内で240万個が売れた。

日本国内の販売はピークから半減しているが…

一方、直近12年度の出荷内訳は日本国内が120万個。根強いファンに支えられ、それでも大きな数字だがピークからは半減している。では、今の“第2次ブーム”の流れはどこから来ているのか。答えは海外。米国での好調が持続しているのに加え、とくに中国やインド、南米、ロシアなどといった新興国での伸びが大きいのだ。

次ページ好調のキモは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT