インドでGショックがバカ売れする理由

売上拡大するカシオ そのマネジメントとは?

カシオの現地法人カシオ・インディアが、直近5年で売上げを4倍に急拡大させている。カギとなる同社の成功ポイントは「インド人の持っている能力を発揮させるマネジメント」だ。

中 正男・カシオインディア社長

その同社を率いるのが、中 正男(なか まさお)カシオ・インディア社長。さすが“電子ピアノのカシオ”と思わせるバリトンボイスと、その場を包み込む豪快な雰囲気で現場を盛り上げている。

その長年の駐在経験から得た成功の秘訣についてデリー、オークラ地区にある同社本社にて同氏を取材した。

――現在の概要は?

1996年にインド進出、今年で17年目になります。現在、駐在員6人、現地採用 の日本人3人、インド人正社員120人、派遣社員30人、準社員的な販売促進員が200人という布陣です。

――中社長は赴任何年目になりますか

3度目のインド赴任で、通算9年になります。本社人事から「3度目はない」と言われていましたが、結局は縁があり3度目のインド赴任になりました。最初の赴任は立ち上げのときで、楽しかったです。そのときはまだ独身で決して家は広くはなかったんですが、夜な夜なデリー中から80人が押しかけてきたり、その頃は「夜の日本大使館」と呼ばれていました(笑)。今は結婚して落ち着いています。

――今、力を入れていることは?

地方の営業所を増やすために、地方出身者を重点的に採用しています。昨日もチャンディガル(パンジャブ州)出張から戻ってきました。やはりいろいろと大変です。これまで手薄だった保守的な州のテコ入れを行っています。

次ページ有名俳優がGショックつけて映画出演
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT