インドでGショックがバカ売れする理由

売上拡大するカシオ そのマネジメントとは?

カシオの現地法人カシオ・インディアが、直近5年で売上げを4倍に急拡大させている。カギとなる同社の成功ポイントは「インド人の持っている能力を発揮させるマネジメント」だ。

中 正男・カシオインディア社長

その同社を率いるのが、中 正男(なか まさお)カシオ・インディア社長。さすが“電子ピアノのカシオ”と思わせるバリトンボイスと、その場を包み込む豪快な雰囲気で現場を盛り上げている。

その長年の駐在経験から得た成功の秘訣についてデリー、オークラ地区にある同社本社にて同氏を取材した。

――現在の概要は?

1996年にインド進出、今年で17年目になります。現在、駐在員6人、現地採用 の日本人3人、インド人正社員120人、派遣社員30人、準社員的な販売促進員が200人という布陣です。

――中社長は赴任何年目になりますか

3度目のインド赴任で、通算9年になります。本社人事から「3度目はない」と言われていましたが、結局は縁があり3度目のインド赴任になりました。最初の赴任は立ち上げのときで、楽しかったです。そのときはまだ独身で決して家は広くはなかったんですが、夜な夜なデリー中から80人が押しかけてきたり、その頃は「夜の日本大使館」と呼ばれていました(笑)。今は結婚して落ち着いています。

――今、力を入れていることは?

地方の営業所を増やすために、地方出身者を重点的に採用しています。昨日もチャンディガル(パンジャブ州)出張から戻ってきました。やはりいろいろと大変です。これまで手薄だった保守的な州のテコ入れを行っています。

次ページ有名俳優がGショックつけて映画出演
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT