スマホが生んだ、“異色"文房具の大ヒット

キングジム「ショットノート」開発の舞台裏

会議や打ち合わせの手書きメモが、いつでも取り出せるデジタルデータに早変わり――。

アナログとデジタルを融合した“異色”の文房具が大ヒットしている。ノートやメモ帳、ルーズリーフなどのラインナップを持つ「ショットノート」がそれだ。厚型ファイルメーカーで知られるキングジムの商品である。

初回販売分が「蒸発」、累計販売200万冊

「初年度に15万冊」という販売目標を掲げ、2011年2月に発売されたが、初回販売分は瞬間的に蒸発。急きょ増産で初年度は100万冊の販売を記録した。12年9月には累計販売が200万冊を突破。地味な文房具業界では異例ともいえる快進撃を続けている。

このヒットの裏側には、外部からの「テコ」(レバレッジ)を効かせるというアイデアがある。テコは、爆発的に普及したスマートフォンだ。

ショットノートの構造自体は、普通のノートと変わらないが、記入した文字や絵を、オリジナルのアプリを使ったスマートフォンのカメラで撮影するのがミソ。これで、デジタルデータとして保存、活用できる。各ページに日付や通し番号を記入しておけば、データの管理・検索もよりスムーズに行える。

次ページ全員20代の若手チームが活躍
人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。