スマホが生んだ、“異色"文房具の大ヒット

キングジム「ショットノート」開発の舞台裏

会議や打ち合わせの手書きメモが、いつでも取り出せるデジタルデータに早変わり――。

アナログとデジタルを融合した“異色”の文房具が大ヒットしている。ノートやメモ帳、ルーズリーフなどのラインナップを持つ「ショットノート」がそれだ。厚型ファイルメーカーで知られるキングジムの商品である。

初回販売分が「蒸発」、累計販売200万冊

「初年度に15万冊」という販売目標を掲げ、2011年2月に発売されたが、初回販売分は瞬間的に蒸発。急きょ増産で初年度は100万冊の販売を記録した。12年9月には累計販売が200万冊を突破。地味な文房具業界では異例ともいえる快進撃を続けている。

このヒットの裏側には、外部からの「テコ」(レバレッジ)を効かせるというアイデアがある。テコは、爆発的に普及したスマートフォンだ。

ショットノートの構造自体は、普通のノートと変わらないが、記入した文字や絵を、オリジナルのアプリを使ったスマートフォンのカメラで撮影するのがミソ。これで、デジタルデータとして保存、活用できる。各ページに日付や通し番号を記入しておけば、データの管理・検索もよりスムーズに行える。

次ページ全員20代の若手チームが活躍
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。