スマホが生んだ、“異色"文房具の大ヒット

キングジム「ショットノート」開発の舞台裏

開発本部の遠藤慎リーダー

ショットノートは、全員20代で構成する若手開発チームが生み出した。09年に、ノートをシステム手帳のようにカスタマイズできる「ノートカバー」をヒットさせた実績を持つグループである。興味深いのは会社公認ではなく、社内で自主的に発生した私設の集まりであるという点だ。08年に、「若手発で何かおもしろい企画をやりたいと、同僚と2人で始めた」(開発本部の遠藤慎リーダー、28歳)。その後、メンバーは5人に増え、定期的に開発会議を開くまでに育った。

その開発ミーティングの際、あるメンバーがノートから過去の会議メモを探すのに手間取った。この出来事がショットノートの誕生へつながる。会議はここから、「メモの検索性を上げるにはどうしたらよいのか」との議論に発展した。

飛躍的に検索性を高めるには・・・

「ファイルメーカーなので、インデックスを使って管理する方法もあるけれど、もっと飛躍的に検索性を高めたい」(遠藤リーダー)。議論は、メモのデジタルデータ化をコンセプトとした新商品の開発に進んでいった。

そこで飛び出したアイデアが、別の商品でも模索していたQRコードの活用だ。外部メーカーにアプリソフトの開発を依頼、半年間の研究・開発を経て、ノートやメモ帳の四隅にQRコードを配し、スマートフォンのカメラで読み取れば、手書きのメモを平面のデータとして認識できるショットノートが完成した。

ただ、発売までは「難産だった」(遠藤リーダー)。厚型ファイルを強みとするキングジムだが、ノートやメモ帳は未開拓の分野。売れ行きのメドは立たず、社内からは新商品投入に否定的な声も多く出ていた。1部あたりの価格が数百円と安いため、経費回収の困難さから、発売当初には広告をまったく打てないという厳しい船出も強いられた。

次ページ最後は粘り勝ち
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。