グリコが化粧品参入で狙う脱"アイス偏重"

コアの糖質技術生かす

「ポッキー」「プリッツ」で有名な江崎グリコ。菓子大手として知られるが、アイスクリーム、カレールウ、ソーセージなど菓子以外にも加工食品、乳製品、畜産品などにも多角展開している。そのグリコが一見、畑違いの分野へ進出した。

グリコは10月末、化粧品市場に参入した。初めて自社ブランドの化粧品「gg」(ジージー)を投入したのだ。第1弾はローションとゲルクリームの2種類。どちらも真っ白なボトルに「グリコ」キャラメルのパッケージを思わせる赤いラインをあしらった、シンプルなデザインが印象的だ。高級品と位置づけるが、通常の販売ルートである百貨店や専門店を通さず、まずは通販限定で展開する。

菓子やアイスクリームなどの食品を得意とするグリコ。化粧品とは結び付きにくいイメージで、まったくの飛び地へ踏み込むようだが、グリコにとってこの分野への参入には二つの意味で必然性がある。

まず、化粧品にはグリコのコア技術が生かせる。

糖質の基礎研究を応用

化粧品に付けたブランドである「gg」とは、グリコのgとグリコーゲンのgを組み合わせた。グリコは1921年に栄養菓子「グリコ」キャラメルを発売して以来、グリコーゲンをはじめとする糖質の基礎研究を続けてきた。「gg」にはその技術を応用した自社開発の「EAPグリコーゲン」と呼ぶ保湿成分を含んでいる。

実はグリコは2002年に、「α‐アルブチン」という物質を開発。代理店を通じて、世界40カ国で化粧品原料として販売してきた。これに並行してグリコーゲンの合成技術の研究を進め、今回の自社ブランド化粧品の参入に至ったのだ。

「グリコーゲンは、創業のきっかけとなった思い入れの強い素材。自社ブランドでの化粧品をやりたいという強い思いがあった」と、「gg」の商品化に携わったマーケティング本部・マーケティング部の稲葉真理子氏は語る。

次ページ化粧品参入、もう一つの意味は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。