局地的ヒット狙うグリコ・ポッキーの挑戦

局地的ヒット狙うグリコ・ポッキーの挑戦

切れ込みの入った麺のように長い生地。45メートルのオーブンを4分間でくぐり抜けるうちに縮んで分断されると、誰もが見覚えのあるこんがり焼けたお菓子になる。江崎グリコの定番商品「プリッツ」だ。


埼玉・北本市の新工場に併設された「グリコピア・イースト」では、プリッツの製造・包装工程、ポッキーの包装工程をガラス越しに見学できる。北本新工場は、北海道、東京、福井の工場を閉鎖・集約して、今年4月に稼働を開始したポッキー、プリッツの生産拠点。1日にポッキー7万箱、プリッツ5万5千箱を生産する。

ポッキー、プリッツは1960年代に発売されたグリコのロングセラー商品だ。ただ、この第1四半期(12年4~6月期)は前年割れの状態だ。「これでいいとはまったく思っていない」と江崎勝久社長(=下写真=)は言う。

挽回のカギになるのが、北本新工場の武器である「多品種少量生産」の活用である。グリコは北本新工場に100億円を投じて最新鋭の設備を備え、生産ラインの切り換え時間を短縮した。これによって、容量や味を変えた10種類の商品を常時つくり分けることができるのだ。

これによって、季節限定品やファミリー向け大袋商品のように、その時々で売れ筋となる商品の生産量を適宜増やすなど、需要の細かな変化に対応していく。「単品の工場は稼働率が高くてよいが、工場としてはできるだけいろんなものをつくれたほうがいい」と江崎社長は話す。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT