局地的ヒット狙うグリコ・ポッキーの挑戦

拡大
縮小

多品種少量生産が求められてきた背景には、菓子業界の競争激化がある。もともと競争の激しい業界だが、最近は小売り各社が手ごろな価格の自主企画(プライベートブランド、PB)商品の品ぞろえを大幅に強化。「PB製品の(品質)レベルが上がってきている」(同社)と、菓子メーカーは危機感を募らせる。

消費者の嗜好が多様化し、爆発的なヒット商品が生まれにくくなっている菓子業界。しかし、時として「局地的なヒット」が生まれ、売り上げが急激に伸びることがある。江崎グリコも昨11年度、震災後の備蓄需要をうけて「ビスコ」保存缶の売上高が約10倍に伸長。これが貢献し、ビスコ群の売り上げは前年比1.5倍増の50億円に達した(11年度の連結売上高は2899億円)。ビスコも1933年に発売されたロングセラー商品だが、「保存缶」などの売り方の工夫によっては、売り上げが急伸する可能性を見せつけた。

ポッキー、プリッツでも同じ方程式を確立できるか。グリコの新たな挑戦だ。

(平松 さわみ =東洋経済オンライン)

タイトル横写真は今年4月、東京駅地下の「東京お菓子ランド」内にオープンした「ぐりこ・や Kitchen」での販売の様子 撮影:尾形 文繁

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT