高級化粧品「セルフ型」店の勝算

シャネルもランコムも自由に試せる

 


 70坪ほどの店内は「シャネル」や「クリスチャン・ディオール」など30を超える高級化粧品ブランドがずらりと並ぶ。壁際の棚に各ブランドの商品が並ぶ一方、店内中央のゴンドラには口紅やマスカラなどカテゴリー別に複数の商品がひとまとめにされて陳列。方や香水やスキンケアコーナーには「アイパッド」が設置され、利用客にあった商品選びをレクチャーしてくれる。

 

ドラッグストア「トモズ」を展開する住友商事傘下の住商ドラッグストアーズが10月12日オープンした高級化粧品専門店の「インクローバー」1号店。高級化粧品は通常、百貨店で扱われることがほとんどだが、同店の作りは百貨店とは大きく違う。まず、百貨店ではおなじみのブランド別のカウンターや専用の美容部員がいない。加えて、利用者は店内に並べられた各ブランドの商品を自由に試すことができるほか、すべてのブランドの商品を一度に会計できる。


(アイカラーなどでは各ブランドの製品を一同に並べたコーナーを設置)

 


(多くの製品がPOP付き。百貨店など従来の売り場にはない光景)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。