高級化粧品「セルフ型」店の勝算

シャネルもランコムも自由に試せる

 


 70坪ほどの店内は「シャネル」や「クリスチャン・ディオール」など30を超える高級化粧品ブランドがずらりと並ぶ。壁際の棚に各ブランドの商品が並ぶ一方、店内中央のゴンドラには口紅やマスカラなどカテゴリー別に複数の商品がひとまとめにされて陳列。方や香水やスキンケアコーナーには「アイパッド」が設置され、利用客にあった商品選びをレクチャーしてくれる。

 

ドラッグストア「トモズ」を展開する住友商事傘下の住商ドラッグストアーズが10月12日オープンした高級化粧品専門店の「インクローバー」1号店。高級化粧品は通常、百貨店で扱われることがほとんどだが、同店の作りは百貨店とは大きく違う。まず、百貨店ではおなじみのブランド別のカウンターや専用の美容部員がいない。加えて、利用者は店内に並べられた各ブランドの商品を自由に試すことができるほか、すべてのブランドの商品を一度に会計できる。


(アイカラーなどでは各ブランドの製品を一同に並べたコーナーを設置)

 


(多くの製品がPOP付き。百貨店など従来の売り場にはない光景)

 

 

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。