高級化粧品「セルフ型」店の勝算

シャネルもランコムも自由に試せる

 


 70坪ほどの店内は「シャネル」や「クリスチャン・ディオール」など30を超える高級化粧品ブランドがずらりと並ぶ。壁際の棚に各ブランドの商品が並ぶ一方、店内中央のゴンドラには口紅やマスカラなどカテゴリー別に複数の商品がひとまとめにされて陳列。方や香水やスキンケアコーナーには「アイパッド」が設置され、利用客にあった商品選びをレクチャーしてくれる。

 

ドラッグストア「トモズ」を展開する住友商事傘下の住商ドラッグストアーズが10月12日オープンした高級化粧品専門店の「インクローバー」1号店。高級化粧品は通常、百貨店で扱われることがほとんどだが、同店の作りは百貨店とは大きく違う。まず、百貨店ではおなじみのブランド別のカウンターや専用の美容部員がいない。加えて、利用者は店内に並べられた各ブランドの商品を自由に試すことができるほか、すべてのブランドの商品を一度に会計できる。


(アイカラーなどでは各ブランドの製品を一同に並べたコーナーを設置)

 


(多くの製品がPOP付き。百貨店など従来の売り場にはない光景)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。