高級化粧品「セルフ型」店の勝算

シャネルもランコムも自由に試せる


 新たな取り組みの背景にあるのは、化粧品販売の主力チャネルである百貨店の衰退だ。百貨店の化粧品売上高は2008年、約3600億円に上ったが、11年には約3230億円に縮小。デフレに加えて、化粧品口コミサイトの浸透で各ブランドの比較が容易になったことや、多忙で店頭でのカウンセリングを疎ましく感じる女性が増えたことで、より手軽に化粧品を買えるネット通販などにシェアを奪われている。

「もっとお客様に近い店を作れば、(実店舗の)高級化粧品販売にもまだ伸びしろがある」(師岡伸生住商ドラッグストアーズ社長)との言葉通り、インクローバーでは現代の女性の志向により近い店作りにこだわった。一つは立地。働く女性が平日でも立ち寄りやすいように1号店は通勤時の利用が多い、川崎駅直結のラゾーナ川崎プラザに出店。また、カウンセリングを受けなくても、複数のブランドの商品を試して購入できるドラッグストアのような「セルフ型」の要素を取り入れた。

百貨店外での高級化粧品販売に乗り出したのは住商ドラッグが初めてではない。昨年11月には、イオンの「コスメーム」が越谷レイクタウンに1号店を出店。12年度中に大阪や名古屋など大都市圏への出店ももくろんでいる。住商ドラッグも今後、通勤客を見込める駅ビル中心に出店を進める計画だ。

■課題はスキンケア強化

ただ今後、高級化粧品のセルフ型店舗がビジネスとして成り立つには課題もある。先行するコスメームでは、収益性の高い化粧水や美容液などスキンケア品販売が伸び悩んでいる。そもそもスキンケア品は、自分で色試しができるメーク品と異なり、美容部員の説明を聞かなければ商品の違いがわかりにくく、セルフ型店舗になじみにくい。同店にもブランド研修を受けた美容部員がいるが、複数のブランドの商品に精通するのは難しいとの指摘もある。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT