NECが新型ウルトラブックに込めた自信

A4サイズで世界最薄、年末商戦を外して勝負

A4サイズで世界最薄――。

NECパーソナルコンピュータは12月18日、液晶画面が15.6型(A4サイズ)で薄さ12.8mmと、同クラスで世界最薄(同社発表)となるウルトラブック「LaVie X」を発表した。店頭での想定価格は17万5000円程度で、12月27日に発売する。

ウルトラブックは、半導体大手インテルが推進するノートパソコン。厚さ21ミリメートル以下、重さ約1キログラム超と持ち運びに適していながら、5~8時間程度はバッテリーが持続するというモデルである。起動時間が数秒と短く、パソコンの心臓部に当たる中央演算処理装置(以下、CPU)はインテルの最新版を搭載しないとウルトラブックと認定されないため、処理能力も高い。

世界最軽量に続き「大画面で」薄く、軽いモデル

NECパーソナルコンピュータは、今年8月に13.3型で875gと世界最軽量のウルトラブック「LaVie Z」を発売しているが、次に取り組んだのは15.6型、ユーザーの「もう少し大きな画面で使いたい」というニーズに応えた格好だ。

「LaVie X」は「メインのマシンを持ち歩く」というのがコンセプト。非常に薄いため、カバンにかさばることなく収納できる。重量は1.59kgで国内最軽量、バッテリーも7時間稼動と長時間駆動を実現した。最新OS「Windows8」を搭載しているが、タッチパネルには対応していない。

「13.3型のLaVie Zと同様に、当初から世界一を狙ってやってきた」と話すのは商品企画本部の栗山浩一本部長。基板はそれぞれ薄いパーツを採用して設計し、キーボードも筐体と一体型のキーボードを採用したことで薄さを追求した。

次ページなぜ12月27日に発売?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT