NECが新型ウルトラブックに込めた自信

A4サイズで世界最薄、年末商戦を外して勝負

A4サイズで世界最薄――。

NECパーソナルコンピュータは12月18日、液晶画面が15.6型(A4サイズ)で薄さ12.8mmと、同クラスで世界最薄(同社発表)となるウルトラブック「LaVie X」を発表した。店頭での想定価格は17万5000円程度で、12月27日に発売する。

ウルトラブックは、半導体大手インテルが推進するノートパソコン。厚さ21ミリメートル以下、重さ約1キログラム超と持ち運びに適していながら、5~8時間程度はバッテリーが持続するというモデルである。起動時間が数秒と短く、パソコンの心臓部に当たる中央演算処理装置(以下、CPU)はインテルの最新版を搭載しないとウルトラブックと認定されないため、処理能力も高い。

世界最軽量に続き「大画面で」薄く、軽いモデル

NECパーソナルコンピュータは、今年8月に13.3型で875gと世界最軽量のウルトラブック「LaVie Z」を発売しているが、次に取り組んだのは15.6型、ユーザーの「もう少し大きな画面で使いたい」というニーズに応えた格好だ。

「LaVie X」は「メインのマシンを持ち歩く」というのがコンセプト。非常に薄いため、カバンにかさばることなく収納できる。重量は1.59kgで国内最軽量、バッテリーも7時間稼動と長時間駆動を実現した。最新OS「Windows8」を搭載しているが、タッチパネルには対応していない。

「13.3型のLaVie Zと同様に、当初から世界一を狙ってやってきた」と話すのは商品企画本部の栗山浩一本部長。基板はそれぞれ薄いパーツを採用して設計し、キーボードも筐体と一体型のキーボードを採用したことで薄さを追求した。

次ページなぜ12月27日に発売?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。