NECが新型ウルトラブックに込めた自信

A4サイズで世界最薄、年末商戦を外して勝負

一方、PC本体を角の部分から落とした場合でも衝撃に耐えられるように、堅牢性を高めている。デザイン面では閉じた場合の先端部分を「Σ(シグマ)」の形にするなど、ディスプレイを開けやすいように工夫した。

ボディの色には、若干青みを帯びているシルバー、「オーシャンシルバー」を採用している。個人が家庭で使用するのはもちろん、携帯性が高いことから、ビジネス用途でも十分に活用できる。幅広い層をターゲットにしていると言えるだろう。

「特長のあるとがった製品で差別化」

興味深いのは、新製品投入のタイミングが12月27日と年末商戦のピークから外れていることだ。本山氏は「特長のある尖った商品なので、必ずしも商戦期にしか売れないわけではない。今回は出荷が可能なタイミングでいち早く販売することにした」と説明。また、最近のノート市場でアップルの「MacBook air」などが好調を維持していることを聞かれると、「OSも異なり、しっかりと差別化できていると思う」と胸を張った。

NECパーソナルコンピュータは11年7月にスタート。NECとレノボの国内PC事業を統合して設立された(出資比率はレノボ51%、NEC49%)。山形県・米沢の生産拠点でNECブランドのパソコン事業を運営している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT