ついに登場したウインドウズ8の強みは?

PCとタブレットを両立

米マイクロソフトは10月26日、パソコンやタブレット端末向けの新しい基本ソフト(OS)「Windows(ウインドウズ)8」を全世界同時に発売した。

世界中の各端末メーカーから1000機種以上、日本国内では約250機種のウインドウズ8搭載マシンが順次投入される見込み。加えて、来年1月31日までの期間限定で、既存の「WindowsXP」や「WindowsVista」「Windows7」を搭載したPC向けに、アップグレード用のパッケージ製品(5800円)とダウンロード製品(3300円)も販売する。

ウインドウズ8で目を引くのは、従来型パソコンのようにキーボード、マウスによる入力だけでなく、スマートフォンやタブレット端末のように、指やタッチペンを使ったタッチパネルの操作に対応していることだ。米アップルの「iPad(アイパッド)」シリーズをはじめとして、急速に普及が進む他社のタブレット端末への対抗を強く意識したとみられる。

 

 

「お客さんの食いつきがすごい。逆にわれわれがびっくりしたぐらいだ。これはいけるぞという感触を強くした」。発売記念記者発表会に先駆けて開かれた前夜祭や朝方の発売イベントにも出席した、日本マイクロソフトの樋口社長(=上写真=)は、会見の冒頭でこう切り出した。

実際、ウインドウズ8を搭載するとどんなことができるのか。記者発表会でマイクロソフトが披露したプレゼンテーションで一部紹介しよう。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。