ついに登場したウインドウズ8の強みは?

PCとタブレットを両立

米マイクロソフトは10月26日、パソコンやタブレット端末向けの新しい基本ソフト(OS)「Windows(ウインドウズ)8」を全世界同時に発売した。

世界中の各端末メーカーから1000機種以上、日本国内では約250機種のウインドウズ8搭載マシンが順次投入される見込み。加えて、来年1月31日までの期間限定で、既存の「WindowsXP」や「WindowsVista」「Windows7」を搭載したPC向けに、アップグレード用のパッケージ製品(5800円)とダウンロード製品(3300円)も販売する。

ウインドウズ8で目を引くのは、従来型パソコンのようにキーボード、マウスによる入力だけでなく、スマートフォンやタブレット端末のように、指やタッチペンを使ったタッチパネルの操作に対応していることだ。米アップルの「iPad(アイパッド)」シリーズをはじめとして、急速に普及が進む他社のタブレット端末への対抗を強く意識したとみられる。

 

 

「お客さんの食いつきがすごい。逆にわれわれがびっくりしたぐらいだ。これはいけるぞという感触を強くした」。発売記念記者発表会に先駆けて開かれた前夜祭や朝方の発売イベントにも出席した、日本マイクロソフトの樋口社長(=上写真=)は、会見の冒頭でこう切り出した。

実際、ウインドウズ8を搭載するとどんなことができるのか。記者発表会でマイクロソフトが披露したプレゼンテーションで一部紹介しよう。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。