ついに登場したウインドウズ8の強みは?

PCとタブレットを両立

 

まず、ウインドウズ8を立ち上げるとトップ画面には時間や曜日、新着メールの件数などが表示される。パスワードを解くと操作が可能となるが、この入力方法にユニークな仕掛けを入れた。従来はキーボード入力で文字列を打ち込んでいたが、画面に表示される写真を任意に動かすことでパスワードを解くこともできるようにしたのだ。

基本画面は各アプリごとに四角形の「タイル」と呼ばれるボックスが組み合わさって並べられている。タイルを指でタッチしたり、マウスでクリックしたりすると各アプリが起動する仕組みだ。アプリが起動していない状態でも、ネットワークに自動接続しているので、タイルには更新情報が常に表示されるようになっている。タイルは使用頻度に応じて場所を入れ替えるなど使いやすいようにカスタマイズできる(=下写真=)。

 

 

では、従来のウインドウズマシンにあったデスクトップはどこへ行ったのか?これもタイルの一つにアプリとして組み込まれている。ウインドウズ8はOSやメモリ動作を最適化するプログラムが組まれており、たとえば既存のウインドウズ7搭載PCをアップグレードしても「マイクロソフトオフィスなどのアプリケーションの起動は速くなる」(日本マイクロソフトの藤本恭史業務執行役員ウインドウズ本部本部長)。

また、タッチペンで書き、認識した文字の色を変えたり、フォントを変えたりもできるので、「幅広い表現力とかアイデアで、いろんな可能性を秘めたアプリがこれから出てくる」と藤本氏は強調した。

 

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。