ついに登場したウインドウズ8の強みは?

PCとタブレットを両立

 

家庭で使う際の実例としては、主婦が料理レシピのアプリを立ち上げ、夕食づくりに活用するとともに、それを家族にメールで伝えることで今晩のメニューを知らせるといったことや、料理に使う材料を買うため、近所のスーパーなどのチラシを集約したアプリも簡単に使える(=下写真=)。

 

 

ライバルとなるiPadなどのタブレット端末と比べての優位性はどうか。樋口社長は「タッチパネルだけでなくマウスやキーボードで、従来のパソコンのようにも使えるのが強み」と強調した。

同日、東京・秋葉原で11時半から開かれた発売記念記者発表会には、日本マイクロソフトの樋口泰行社長が登場しただけでなく、ソニー、東芝、パナソニック、NECパーソナルコンピュータ、富士通、エプソン、米デル、レノボなど13社の端末メーカーの幹部が記念セレモニーに参加するなど、マイクロソフトの強い意気込みが感じられた。

日本マイクロソフトは日本全国の家電量販店と連携して、「販売店員約1万1000人にウインドウズ8の発売前研修を済ませ、年内に述べ1000回の店頭デモを予定している」(樋口社長)という。

 

 

場所を選ばずにインターネットに接続できる、スマートフォンやタブレット端末といったモバイル機器の普及により、苦戦気味のノートパソコン市場を浮かび上がらせることができるか。マイクロソフトの新たな戦いが幕を開けた。

(撮影:風間 仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。