インドでGショックがバカ売れする理由

売上拡大するカシオ そのマネジメントとは?

――「保守的な州」とは、東側ベンガル一帯の貧しい州でしょうか?

いえ、グジャラート州、パンジャブ州などです。おカネはあるけれども、保守的な考え方を持っている州です。

有名俳優が、Gショックをつけて映画出演

――全部パキスタンと隣接する州ですね。確かにグジャラートは外資誘致で注目されていますが、政治的にも社会的にも一癖あります。売り上げ拡大になっているエンジンは?

カシオはいろんな商品を販売していますが、どれも同じように拡大しています。時計ではGショックが売れています。面白いのはボリウッドの有名俳優が、こちらから頼んでもいないのにGショックを身につけて映画に出演していることです。これは大きな宣伝になっています。やはり彼らは海外の文化を知っています。

――それは面白いですね。ボリウッド俳優とクリケット選手の広告効果は大きいですから。商品力、ブランド力が、無料のマーケティングを呼び寄せたというわけですね。

時計だけでなく、楽器も計算機も、売上げは拡大しています。

――現地に合わせた製品のローカライズは何かありますか?

ローカライズした製品としては、インド人が好む音やリズムを再現した「インド専用電子キーボード」、インド独特のケタ区切りを表示させた「インド式桁表示計算機」というのがあります。これらは、インド人社員の意見を製品に反映したものです。

製品開発を手掛けるのは日本の本社側ですが、日々のインド音楽を研究したり大変なようです。インド人社員たちにとっては「自分たちの意見に本社側が動いた満足感」でモチベーションが上がります。これも非常に大事な副産物だと思います。

次ページ海外出張でモチベーションアップ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。