富士フイルム、次の標的は「育毛」市場

ミドル女性の“薄毛の悩み"に応えられるか

女性用育毛市場には、通販のはぴねすくらぶが販売する「柑気楼」、医薬品製造の富士産業の「リリィジュ」、アンファーの「スカルプD」など、先行する競合他社も少なくない。異業種から化粧品事業に参入した富士フイルムは、強みである化学技術によって競合との差別化を狙う。

今回投入する富士フイルムのスカルプフォーカスでは、育毛有効成分や、毛髪のハリ・コシに寄与する成分のナノグリチルレチン酸を配合している。これまでグリチルレチン酸は、育毛効果が高く、多くの養毛剤に配合されているものの、溶解性が低いために、高濃度のエタノールに溶解して配合する必要があった。

だが「エタノールは育毛を抑制することが実証された」(富士フイルムの医薬品・ヘルスケア研究所の永田幸三・統括マネジャー)。そこで富士フイルムはナノテクノロジーを生かし、エタノールを使用せずにグリチルレチン酸を皮膚浸透させる、ナノグリチルレチン酸を開発。同様に、毛髪のハリ・コシに寄与する成分でも、ナノ化で浸透性を向上させた。

当面は通販とアンテナショップで販売

当面は一般店舗での販売はなく、富士フイルムの通販サイトのヘルスケアラボラトリーと、同社のアンテナショップにて販売される。中期的には実店舗での販売も視野に入れており、「発売から3年後にヘアケア分野で年間売上高10億円」(山口豊・ライフサイエンス事業部長)という目標を立てている。

富士フイルムの化粧品事業は、「参入後数年の急成長期からは落ち着いてきたが、足元でも着実に売上高を伸ばしている」(山口事業部長)。化粧品事業の売上高規模は非公表だが、2010年度には主軸のアスタリフトの売上高が100億円を超えた。

今回の化粧品事業をはじめ、液晶用フィルムや医薬品など、かつて大黒柱だった写真フィルムから派生した多角化の成功事例として、富士フイルムの事業は取り上げられることが多い。育毛という新分野でも、技術力を生かした商品開発が市場に受け入れられるか。その動向を競合他社は注視している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。