世界の優秀なエンジニアを採用するフェイスブック的雇用法

世界の優秀なエンジニアを採用するフェイスブック的雇用法

約5億人のユーザーを持つ、世界最大のソーシャル・ネットワーク・サービス、フェイスブック。

破竹の勢いでユーザーを伸ばし、上場もうわさされている。非上場ながら今年の売り上げは10億~15億ドルといわれているが、社員はいまだに1700人にすぎず、活発に優秀な人材、特にエンジニアの採用を行っている。

採用法の特徴はインターネットを積極的に活用していることだ。

自らのウェブサイトを最大限に活用し、採用に結び付けるため、フェイスブックのユーザーとしてチェックインしなくても、つまりユーザーでなくても、http://www.facebook.com から社内で働く利点を知ることができるようになっている。

www.facebook.com の下にあるCareer(キャリア)という小さな文字をクリックするだけで、社内の様子がビデオで見られるほか、福利厚生、社員の声を読めるのだ。

映像でやる気をあおる

若いエンジニアたちは、自分の部屋から、学校や職場のパソコンから、簡単にフェイスブックの社内をのぞくことができる。

また、クリックするだけでウェブのストリーミングビデオが始まり、社員の映像や声が聞ける。ハッカーのマラソンというような意味のHackathonsというイベントが社内で定期的にあり、エンジニアがコード書きや新製品のアイデアを夜通し出し合う様子を見ることができる。

こうした映像が、能力のある人材のやる気をあおっているようだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。