ゾンビ人気沸騰中! 『ウォーキング・デッド』

極限状態で最も怖いのは、実は人間

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

単なるホラーではなく、濃密な人間ドラマ

『ウォーキング・デッド DVD BOX』9500円(税抜)
発売元・販売元:KADOKAWA 角川書店
(C)2010 American Movie Classic Company, LLC. All Rights Reserved.

現在、多くの人がイメージするゾンビ像を決定づけたのは、ゾンビ映画の第一人者であるジョージ・A・ロメロ監督の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968年)である。その10年後、同監督による『ゾンビ』が世界中で大ヒットして以来、熱心なファンを獲得している“ゾンビもの”は、現在ではジャンルのひとつとして成立していると言っていい。

だが、これまでは映画やゲーム、コミックなどが主流であり、一部のジャンルのファン、マニアのものだという認識が強かった。その垣根を取り払い、より広く一般化させたのがTVシリーズの『ウォーキング・デッド』(2010年~)である。

アメリカではこの10月に放送されたシーズン5の初回で、録画視聴を含めると2200万人以上が視聴。過去最高の驚異的な数字を記録した(アメリカではデジタルビデオレコーダーの7日以内の再生数までカウントした数字が発表されている)。ゾンビやホラーとは無縁だった人やゾンビ嫌いを公言している著名人の中にも、本作だけは見ているという人が多いというのも、この数字をみるとうなずける。最大の理由は、ホラーだと思って見たら、意外にも濃密な人間ドラマとしての要素が強いからだろう。

第24回はこの『ウォーキング・デッド』を紹介しよう。映画『ショーシャンクの空に』(1994年)の監督フランク・ダラボンが企画し(製作総指揮はシーズン2まで)、ロバート・カークマンほかによるグラフィック・ノベルをベースにしたドラマである。

ゾンビものが苦手な人も熱狂
次ページ生存者同志の覇権争いも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。