職場でタバコ、酒、セクハラは日常茶飯事!?

60年代の職場は、「男のディズニーランド」か

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

男尊女卑がまかり通った時代を再現

『マッドメン シーズン1【ノーカット完全版】コンパクトBOX』6000円(税抜)
発売元:フジテレビジョン/ポニーキャニオン
販売元:ポニーキャニオン
(C)MMVII Lions Gate Television Inc. All Rights Reserved

日本でも映画やTVドラマでの喫煙シーンが話題になることが多いが、アメリカでは日本以上に喫煙に対する世間の目や規制は厳しい。映画の喫煙シーンは若者が見ることを禁じるレーティングの対象となるし、たばこを吸っていることが時代考証的には正しいシチュエーションでも、不自然なまでにたばこは登場しない例が急増している。

米ウォルト・ディズニーは、自社映画から喫煙シーンを排除する方針を打ち出しており、チェーンスモーカーとして知られた創始者ウォルト・ディズニーが登場する映画でも喫煙シーンはカットされているという徹底ぶりだ。

そうした世間の風潮を逆手にとるかのように、毎回のように紫煙が画面に立ち込めるドラマが、1960年代の広告業界を舞台にした『マッドメン』(2007年~)だ。男性も女性もたばこを吸い、男性は仕事中に強い酒を飲み、職場では男尊女卑がまかり通るといった、時代考証を忠実に再現していることがウリのひとつである本作は、ある種の“過激さ”を存分に発揮している意欲作である。第11回は、数々の賞を総なめにしてきた、秀作の誉れ高い人間ドラマ『マッドメン』を紹介しよう。

『マッドメン』予告編

美人妻と子どもがいながら、愛人の元へ

時代の先端を行く広告業界の生え抜き広告マンのドン・ドレイパー(ジョン・ハム)は、この業界の中心地であるマディソン通りにある大手スターリング・クーパー社のクリエーティブ・ディレクター。大手たばこ会社ラッキーストライクとのミーティングを控えて、世間ではたばこの害が取りざたされ、政府の広告規制が強化されており、頭を悩ませていた。私生活では、元モデルの美しい妻ベティ(ジャニュアリー・ジョーンズ)と2人の子どもに恵まれ、幸せな家庭に不満はない。だが、つねに女性の影が絶えず、今日も温かい家庭ではなく愛人の元へ足が向かうのだった。

ドン・ドレイパーと妻のベティ
次ページ男も女も、たばこ、たばこ、たばこ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT