不倫、ヤク中、子持ちナースの聖なる二重生活

ぶっ飛んだワーキングマザーが共感を呼ぶワケ

 アメリカのドラマのクオリティは、ここ10年で格段にアップしている。地上波をしのぐ勢いで、ケーブル局が質の高いオリジナルドラマを作り、最近ではインターネット配信ドラマも映画並みのクオリティを誇っている。そんなアメリカのドラマを中心に、世界各国の海外ドラマの中から、海外ドラマ・ライターの今祥枝が“大人”のビジネスパーソンに向けて骨太な作品を紹介。話題の新作から過去の秀作まで、独自の視点で斬っていく。週末、自宅で海外ドラマを楽しみながら、グローバルな教養も身に付く!

「ワーク・ライフ・バランス」の呪縛

『ナース・ジャッキー シーズン1 DVDBOX』9800円(税抜)
発売元:D'SGATE/販売元:イーネット・フロンティア
©Showtime Networks Inc. and LionsGate Television Inc.

ワーク・ライフ・バランスという言葉は、いつからこれほどスタンダードになったのだろうか?

「仕事と生活の調和」を取ることは確かに大切だが、ワーキングマザーにとっては理想を言えばキリがなく、悩みの尽きない問題だろう。子育て、家事、仕事、いずれも一生懸命になればなるほど(まじめな人ほど)、あれもできていない、これもできていないというマイナス思考にとらわれて、いっぱいいっぱいになってしまう女性も少なくない。

第10回は、ワーク・ライフ・バランスがまったく取れていない看護師ジャッキーのぶっ飛んだ日常を、ブラックなユーモア満載で描いた『ナース・ジャッキー』を紹介する。

ニューヨークのオールセインツ病院で働くジャッキー・ペイトン(イーディ・ファルコ)は、24時間体制で休みなく救急患者が運ばれて来るER(救急救命室)を切り盛りするベテラン・ナースだ。極めて優秀ではあるが、業務があまりにも過酷で慢性的な過労に激しい腰痛を抱え、鎮痛剤を常用している。仕事にやりがいも感じている一方で、長女グレース、次女フィオナの幼い娘たちの母親としても精いっぱい頑張っているつもりだ。

そんな妻に対して、夫のケヴィンは優しく理解を示し、とても協力的だ。にもかかわらず、ジャッキーは職場では結婚指輪をはずして既婚者であることを隠し、薬剤師エディ(ポール・シュルツ)とは不倫関係(!)にあった。

自分がついているウソと日々の仕事のプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、職場と家庭でギリギリのところで踏みとどまるジャッキーの日常は、まさに一触即発の危険をはらんでいるのだった。

『ナース・ジャッキー』予告編(英語版)

次ページ善と悪を併せ持つ人間を体現
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT